カテゴリ:Motorcycle( 134 )

今日の和田峠

b0024261_17061872.jpg
b0024261_17062410.jpg
ちょい乗りランチにでたら、あまりに天気が気持ちいので、またまた和田峠へ。


先日、さるお方から、「よく走ってるね」と言われた。
要するに、「あんた、ちょっと遊びすぎじゃないの?」という意味だ。(笑

はじめて自分の命と向かい合ったのは、25歳の誕生日の4日前にオートバイで事故ったときだった。
左の肋骨を11カ所骨折し、あわや心臓に突き刺さるところだった。
左の肺は3分の2ほど血液でうまり、その血液が引くのに3カ月かかるのか半年かかるのかわからないという。
入院の翌日、ドクターから「娑婆のことは1回忘れなさい」と言われた。
運よく2カ月で肺の中の血はだいたいなくなり、2カ月半で退院できた。

次に向かい合ったのは、10年ほど前。
イベントの仕事で地方へ行っいるときに胸が痛くなり、帰ってから病院に行くと、狭心症という診断を受けた。
さらに「徐脈」という脈が少なくなる症状があり、24時間の心電図を見ると、早朝の目覚める前に心拍数が30を切っている。心拍と心拍の間が2秒以上あるということだ。
これは、心臓が止まってもおかしくないな、と思った。
毎日、明日の朝、お陀仏になってるかもしれないと思いながら、自分の命と向かい合った。
しかも、狭心症の原因はいわゆる動脈硬化ではなく、筋攣縮性という、筋肉の痙攣なので、カテーテルで広げても意味がないという。

そして4年前、ラッキーなことにCTでぐうぜん腹部動脈瘤が見つかり、2年前の手術で人工血管に置換した。
毎年、耳に入るだけでも多くの人が動脈瘤剥離や破裂で死んでいる。
自覚症状がないまま進行し、破裂すると8割以上は病院に運ばれる途中で死ぬというのだから、偶然見つかったことは、どんなギャンブルで勝つよりも、ラッキーを引いたように思える。

その手術の最中に、筋肉が痙攣したのだ。
でも、心臓ではなく左脚のふくらはぎだった。
あの全身麻酔の最中に心臓で痙攣が起こっていたら、お陀仏だったという。
まあ、だから脚だったこともラッキーだったわけだ。

その痙攣のおかげで、左足の指を4本失ったわけだが、指を切除する前に指の根本部分の骨が露出していた時期があるので、「間違いなく菌は閉じた中に存在しているから、免疫力が落ちると感染症を起こす恐れがある」とドクターsay。

もう10年も前から自分の死は覚悟しているので、死ぬことはぜんぜん怖くないのだが、感染症は怖い。
今、足の骨が感染症を起こせば、さらに上の部分で切らなければいけなくなるのだ。
そうすると、オートバイのギアチェンジができなくなってしまう。
この春から夏にかけては、少し歩くと左足の先が痛み、中で感染症を起こしているのではないかとビクビクした。
だから、免疫力はぜったいに落とせないのだ。

免疫力を落とさないためには、もちろん食事も大切であるが、一番大事なのは「セロトニン」という体内物質を増やすことだ。
健康に関連する記事をいく度となく書く中で意識した。
人間の体には「ホメオスタシス(恒常性)」というものがあって、なにか変化が起こると元の状態に戻そうと各器官が働く。
自然治癒力というのもホメオスタシスのひとつだ。
身体が本来もっている自然治癒力や、身体に悪い影響を与えるものを排除しようとする力、元の状態を維持しようとする力は、通称「幸福ホルモン」などと呼ばれるセロトニンの影響を大きく受ける。

脳内で分泌されるセロトニンはわずか2~3%の量で、多くは腸内で分泌されるというが、脳内のセロトニンは健康維持に大きな働きをする。
この先、セロトニンの働きやしくみをここで書くととても長くなるので割愛するが、セロトニンを分泌させるためには、楽しいことや気持ちいいいことをするのが、もっとも有効なのだ。

笑顔もセロトニンを分泌させる。
つくり笑顔でも、効果は変わらないという。
がん細胞を殺す「キラー細胞」も、笑顔やリラックスで増やすことができるといわれている。
猫を見ていると、意識せず笑顔になっていることに気づく。
動物と暮らすことが健康にいいというのは、そういうことなのだ。


とても長くなってしまったが、要するに、免疫力を落とさないために、楽しいことや気持ちいいことをできるだけやりたいのです。
青い空や白い雲や、木々の緑や海の群青を見たり、風を感じながら地球の上を気持ちいいエンジンで走り回ったりすることが、今の自分にとって免疫力を落とさないための手段なのです。


自分の命と向かい合ってから、生きようとしている自分にとてもリアリティを感じる。
時間をムダにしたくないと思う。

まあ、そういう歳だってことなんだろうな。












by grid303 | 2017-09-18 18:18 | Motorcycle | Comments(0)

箱根から道志へ

明日の土曜日は休みにして1日走ろうと思っていたのだが、雨の予報になってしまったので、休みを1日繰り上げた。
西湘バイパスを走りたかったから、久々の箱根コースにして、10時過ぎに出発。

やはり西湘は気持ちいい。
好きな道路ベスト3に入るな・・・。
また、GSRのエンジンも気持ちいい。
速くはないけど、パワーバンドが広くて、つくづくいいエンジンだと思う。

箱根新道から芦ノ湖スカイライン~箱根スカイラインで御殿場に抜ける。
空はスッキリしないけど、今日1日はもつはず。
このコースは、20代の頃にRGガンマのチャンバーサウンドを響かせてよく走ったものだった。
今は控えめなヨシムラサウンドが気持ちいい。
b0024261_17523716.jpg
b0024261_17523785.jpg
御殿場から山中湖へ。
ミサイルのせいか、自衛隊の車両がとても多い。
装甲車まで走っていた。
このまんまの感じですれ違った。
b0024261_18032231.jpg
山中湖から道志みちに入り、途中から林道で上野原へ抜けた。
b0024261_17523813.jpg
b0024261_17523894.jpg
狭い林道を走っていると、ちょっと先の右の木陰から大きなものが飛び出した!
鹿だった。
びっくりしたなぁ、もう。クマちゃんかと思ったぜ。
鹿は、反対側の林に入ってこっちを見ていた。

上野原から陣馬街道で八王子、高尾~町田街道~R16~R246で、6時前に帰宅した。
けっこういろいろなところを走った気がしたけど、走行距離は300キロもいかなかった。

さあ、世間は連休の明日から3日間は仕事ざんす。(>_<)





by grid303 | 2017-09-15 18:13 | Motorcycle | Comments(0)

LED

オーダーしてあったバイクのLEDが届いた。

左からヘッドライト用、REDのテールランプ用、WHITEのナンバーランプ、BLUEのポジションランプ。
ヘッドライトのH4用は、先端に小型ファン内臓のタイプ。
b0024261_18062717.jpg
元ファンオタとしては、そんなに小さいファンじゃ耐久性に問題があるのではないかと心配したが、現物を見てみたらかっこうデカイ。
裏側は冷却フィンになっている。
LEDも安くなったものだ。
これで、通常時のライトの消費電力が半分以下になる。

今日は、月イチの通院で半年ぶりの血液検査だった。
きましたね。とうとう肝の臓に。
GOTとGPTがドーンと↑。
朝から7種類ものスリクを毎日飲んでるんだから、いつかくるだろうとは思っていた。
血圧のスリク1種と、胃薬、気管支のスリクを削ってみることになった。
んで、肝臓のスリクがプラスに。
なんだかな~。
またしばらくスリクのバランスで悩むかもね・・・。

そんなことより、LEDを装着してテストコースの第三京浜に行きましょ。


追記
BLUEのポジション、チリバツじゃないすか。(笑
もちろん肉眼ではまぶしくて直視できないけど、先端にファンがあるのがわかる。
あそこの中でファンがギューンと高速回転していると思うとシビレルなぁ。
b0024261_20501177.jpg
ヨシムラつけて、青いLEDつけて、ってガキのすることじゃねえか! って?
でもね、楽しいものや気持ちいいものって、ガキの頃からあまり変わってないんだな。
いいのいいの、人生楽しめればそれでいいの。



by grid303 | 2017-09-14 18:17 | Motorcycle | Comments(0)

マフラースプリング

楽天のポイントがたまっていたので、608円の代金と送料600円払ってスプリングをたのんだ。
もったいない気もするけど、なんか納得してしまうルックス。
b0024261_15115540.jpg
けっこうポイントがたまっていたので、ヘッドライト、ポジションランプ、テールランプ、ナンバー灯のLEDをオーダーできた。
これで通常時のバッテリー負担がずいぶん減るはず。



by grid303 | 2017-09-13 15:19 | Motorcycle | Comments(0)

四十九日走行

10日は義母の四十九日法要で、土曜日中に佐野へ入ることとなった。

9日は9時半ころに、喪服を後ろに積んで関越道へと向かう。
関越は乗るまでに環8で1時間間かかるのが相変わらず面倒だねェ。
圏央道ができても渋滞は全然緩和されていない。

いつもは吉井でおりて富岡から下仁田へと向かうのだが、今回は気持ちいいので下仁田まで上信越道を走った。
ここで下りると、すぐに内山峠だ。
峠を越えて佐久までくると、コスモス街道と名付けられた道の両側にコスモスがきれいに咲いている。
やさしい秋の景色。

なじみの食堂「牛車」でランチにした。
今回は「から揚げ&ハンバーグ定食」
b0024261_10471121.jpg
まず、信州みその味噌汁がなつかしい味で、頭にズキューンと一発撃ちこまれる。
味噌汁とナス味噌炒めとタクアンだけでも、成立してしまうくらい美味い。
生野菜は、裏の畑でとってきたような新鮮さ。
米がまた美味い。
もちろん、から揚げとハンバーグも上出来。
これで850円は素晴らしい。また寄りたくなるわけで。

小諸で両親の墓に寄ろうかと思っていたが、まあ、寄ったとこでなにをするってこともないので脇をスルー。
相変わらずの親不孝。(笑
何をしに来たのかと言われても、この佐久や小諸といった辺りの空気が好きなんだな。
自分のDNAのどこかに、このあたりの情報が刻まれているのだろう。

濃い青の空と白い雲のコントラストを求めて高峰高原まで登ることにした。
b0024261_10471273.jpg
左がもう浅間山の山頂。
ここは朝登って雲海を見るのが醍醐味なのだが、そのためには近所に泊まるか、暗いうちに家を出てこなければいけないので、なかなかハードルが高い。
雲海はないけど、20円高い缶コーヒーを飲みながら、佐久平やアルプスの山々を眺めた。
2000mの高さまで運んでプラス20円ということは、1円で100mということか・・・、うん安い。
などとバカな妄想。
b0024261_10471313.jpg
b0024261_10471316.jpg
もうヒヤっとする空気の中をローリングしながら標高1000mまで下り、舗装林道で軽井沢へ。
未舗装路でも気がねなく入っていけたVANVANとは違い、やはりコイツは路面を選ばないといけない。
ラフな林道を数キロ走った先に馬がいるいい茶屋があるのだが、コイツじゃ行けない。
でも、峠の楽しみ方はVANVANと違って、タイヤやエンジンを意識したいっぱしのワインディング走行ができる。
碓氷峠はもちろん180のカーブを下る旧道へ。
ワインディングでお腹いっぱいのコースになった。

峠を下りて坂本宿をぬけ、横川まで来ると、駅の反対側の中山道旧道は20~30年走っていないことに気がついた。
信越本線がなくなり、この駅もすっかり静かになってしまったが、碓氷の関所と「おぎのや」の本店は変わっていなかった。
b0024261_10471140.jpg
b0024261_10471298.jpg
高崎から伊勢崎~太田~館林へ。
6時に佐野に着いて、義父と和食店で晩メシ。

日曜は午前中に菩提寺で法要をすませ、佐野のホテルで食事会があった。
四十九日というのは、釈迦の教えでは、六道のどかかへ生まれ変わるときだったはずなのに、なぜ「あの世へ行く日」ということになったのだろう。
誰が言い出したんだ?
そんな解釈の広げ方をするのは日本人にきまっている。
まあ、いいか。

ちょうど2年前の9月、動脈瘤の手術から足先の血行不全を起こして1カ月入院した。
義母が入院したのは10月のことだったが、見舞いに来てくれた義父が義母に電話をしてくれて代わって話し、あたたかい言葉をもらった。
義母はその印象のまま2年近くの入院生活を送っていたので、見舞いに行くと、薄れる意識の中でも心配する言葉をかけてくれた。
結局、最後まで心配をかけたままだった。
義理の親にまで親不孝をしてしまった。
どうしようもないな。まったく。

日曜の食事会が終わって、佐野の家を出たのは2時すぎ。
館林から渡良瀬遊水地へと向かう、好きな道を走る。
b0024261_10471285.jpg
頭を垂れた稲穂がずっと向こうまで並んでいた。

筑波から茂原へ抜けて、圏央道で木更津へ。
渋滞るすアクアラインをスルッと走って川崎へ。
ビールを1本買って帰宅したのは、7時半。
2日間で600キロの四十九日走行になった。

帰ってこない家人を一晩待ち続けた猫たちが出迎えてくれた。






by grid303 | 2017-09-11 11:44 | Motorcycle | Comments(2)

名義変更

オシオシになっていた名義変更の手続きを終えた。

久しぶりの陸運局。
また、待つんだろうな、と覚悟して行ったら、今日はガラガラ。ラッキー。
鮫洲から、自賠責の名義変更をしに川崎へと向かった。
バイクの駐車場を探して駅前通りを行ったり来たりでちょっと疲れたけど、保険会社のオフィスがある20階からの景色を見たら心が和んだ。
b0024261_20261697.jpg
小さくてわかりづらいけど、センターがベイブリッジ。

川崎から、寺家町に向かった。
ヨシムラでメカニックをされていた方がやっている、”Art of tune ASAKAWA SPEED” というガレージが、なんとあの寺家町の林の中にあった。
完全に趣味でオートバイのチューニングをやっているような空間だった。
"Art of tune" だもの。
第1回の8耐でGS1000のシェイクダウンとメカニックをやったっていうんだもの。
ヨシムラスズキのファンからすると神2号みたいな人ですよ。
すごい人を想像して行ったんだけど、人当たりのとても柔らかい方だった。

なにをしに行ったのかというと、例のマフラーのスプリングを買いに行ったわけで。
ところが、いろいろ在庫を見てくれたのだけど、買いたいサイズは欠品。
送料覚悟でネットで頼むしかなさそうだ。(>_<)

帰宅して、チャイニーズ仕様のリアフェンダーをノコギリでぶった切り、ヤスリをかけた。
後ろからタイヤを見せたいが、いくらなんでもフェンダーレスで背中ドロドロにはできないので、ちょうどいい感じ。
チャイナ仕様は、悪路を走る実用的な想定で、でっかいフェンダーがついているらしい。
フロントフェンダーも上からみるとドデカい。
もうちょっと軽くてもいいよねェ~。

先日、右のタンクカウルを外した時にラジエターについているフックの角度が変だったので、再度外してみると、ぶつけてへこんだ跡だった。
b0024261_20274189.jpg
オーマイガー。
中古車はいろいろあらーね。
まあ、ラジエターの機能に問題はないし、タンクカウルもほかのフックで固定されているから、ヨシとしましょう。
そのうち、ラジエターを交換する楽しみがあるってことで。

オヤジのバイク、だんだん出来上がってまいりました。(笑
家の駐車場で作業をしているときに、同じマンションのBMWセダンに乗っている奥様に、「かっこいいバイクですね」と声をかけられて、ちょっとうれしかったりして。
b0024261_20261691.jpg
リアウィンカーは、もっと小さいのが似合うかもね。
ポジションとテール、ナンバー灯はLEDにしたほうがバッテリーにやさしいかもね。
b0024261_20261698.jpg
b0024261_20261690.jpg
最初から着いていたドミノのグリップは、なかなかいいセンスざんす。

どシンプルなSOHCの2バルブだけど、稀に見るいいエンジンだ。
熟成の域に達している感がある。
GSの血を引くだけあって、ヨシムラのマフラーがさらに磨きをかけている。
スタイリングは好き嫌いが分かれるだろうけど、ローパワーでここまで楽しめるエンジンはそうそうない。

(やっぱりオレは、機械の調子をみるのが好きなんだな)

第三京浜を流しながら、そう思った。


by grid303 | 2017-09-05 20:37 | Motorcycle | Comments(0)

調子がいいのね♥

日曜日、夕方に佐野へ寄る話になっていたので、銚子まで行って見ることにした。
犬吠埼を見たことがなかったからだ。

9時に出発してアクアラインから圏央道で茂原へ。
九十九里をのんびり走って銚子へと向かった。
すっきり晴れない天気がちょっと残念だったけど、雲が秋の海には似合っている。
b0024261_11061766.jpg
b0024261_11061655.jpg
犬吠埼灯台をバックに2枚ほど。
b0024261_11061676.jpg
前傾するラインの構成はなかなかいいんだけど、シート下カウルのボリュームはないほうがいいね。
リアのデザインはできるだけ軽くするのが今の主流。
シートとフレームだけでもいい。
ま、スズキと大長江集団という会社が合弁して作った常州豪爵鈴木摩托車有限公司(読めねー)が生産してるバイクなんで、まずはチャイニーズの需要を考えて少しでも大きく見せているのでしょう。
チャイナ仕様のやたらとデカいリアフェンダーは、ナンバープレートの下あたりでぶった斬ろうと思っとります。
b0024261_11061668.jpg
銚子港の大きさにちょっと感心し、鹿島から大洗へと向かう途中で左に折れ、土浦に出た。
北浦を見たのも初だね。たぶん。
霞ヶ浦の大きさが実感できるコースになった。

下妻経由で佐野へ。
内陸部は晴れていた。
b0024261_11061526.jpg
帰路は館林から東北道~首都高で、7時に帰宅。
460キロの走行だった。
高速道路がラクになったのはいいが、帰宅してからちょっと走りが荒くなっていることを反省。
まあ、VANVANの80~90キロが100~110キロになっただけの話なのだが、クルマのドライバーは「あぶねえな」と思っているだろう。

実は今回、バイクを探しているときに、同じ激安価格で400ccのツインもあった。
KAWASAKIのERというオートバイで、片側にむき出しのリアサスが印象的なNINJAのカウルレス。
b0024261_11263327.jpg
リアサスが黄色のオーリンズに変えてあり、最初の車検が切れたばかりで走行5000キロだった。
メシャクチャ好条件!
オーリンズかヨシムラか・・・。
かなり悩んだが、重量が25キロ増えることと、車検の手間を考えてGSRにした。
今考えると、やはり250にしておいてよかった。
これに乗っていたら、140~150キロでスイスイと高速道路を走っていたのだから。
今の視力と体力ではキケン領域。

それにしてもいいなあ。政府公認ヨシムラのマッチング。
クォーン、クォーンと気持ちよくシフトアップして6速にいれても、90キロくらいしか出ていない。(笑
やはり、安全圏で楽しめる「HONDAビート」のアミューズメントと似ている。
シフトダウンでふかしを入れると、小さくボンボンボンがちゃんと体感できて気持ちいい。

う~ん、ういやつ、ういやつ。
やっぱりスプリングのゴムはつけてやろう。(笑
b0024261_12461241.jpg




by grid303 | 2017-09-04 11:47 | Motorcycle | Comments(0)

ステッカー

明日は久々の走りなので、ホイールの汚れとりとクーラントのチェックをした。

前のバイクがスポークだったから、3本キャストホイールの掃除のラクさを実感する。
タンクカウルを外してクーラントをチェック。
b0024261_20560035.jpg
オツケー。
漏れもなし。
カウルを装着。
b0024261_20551075.jpg
タンクカウルは変にボリュームがあって、ちょっと間が抜けてる感じがあるので、ステッカー2点でひきしめてやったっす。
やっぱりこの2つは貼らなきゃね。(笑

さて、明日は夕方佐野に着けばいい。
どこを走ろう・・・。





by grid303 | 2017-09-02 21:10 | Motorcycle | Comments(0)

こんなところにもヨシムラ

マフラーの根本についているスプリングをカバーするゴム。
ひとつちぎれかかっていたのが、とれてしまった。
b0024261_12212983.jpg
なければないで問題ないものなのだが、「ヨシムラ」の文字が刻印されているからくすぐられる。
探した限りでは単体で販売されておらず、スプリングとセットで600円。
う~ん、この小さなゴムに600円は、高いか安いか微妙なところ。(笑
送料の600円が余計なんだな。


by grid303 | 2017-08-28 12:28 | Motorcycle | Comments(0)

つかの間の2台体制

土曜、日曜と、GSRで走り込んだ。
車体状況確認とエンジンを回してやるためだ。
4年半で5000キロしか走っていないとういことは、年間1000キロも走っていないわけで、通常の乗り方からすれば放置に近い。
”1万回転までストレスなく回る振動の少ないエンジン”のはずなのに、金曜日に第三京浜を走行したときは、8000回転を超えたあたりから少し振動が多かった。
土曜日に回しまくると、スルッと1万回転まで回るようになった。
最高速は140なんて届かず、130キロ程度。
気持ちいいのは120キロまで。実用域のトルクを重視した24馬力は安全安全。(笑

土曜は、第三~横新~新湘南~西湘バイパスで小田原、足柄峠で御殿場といういつものコース。
日曜は、五日市から奥多摩を回り、帰路は八王子から中央道で戻った。
両日とも雨が降りだしたら帰ろうと思っていたのだが、帰宅まではセーフ。
久々の奥多摩で、霧の峠を楽しんだ。
b0024261_13010442.jpg
b0024261_13010436.jpg
4年半で5000キロしかはしっていなかったのに、2日間で500キロ以上走ったのだから驚いていることだろう。(笑
高速は普通に走れるし、低回転のトルクがあるから峠も4速5速で気持ちよく走れる。
ニュートラルランプがあまり点かないこと以外は、まったく問題なし。それもギアポジションインジケーターがあるから問題ない。
ヨシムラサイクロンが雰囲気を演出してくれて、実用域で気持ちよい走りができるこいつは、HONDA BEET のアミューズメント性に近いものを感じた。
今の自分にタリピツ。
これ以上重いとつらいだろうし、これ以上速いと死ぬだろうし、これ以上前傾ポジションだと長距離は疲れる。
いい出会いだと思った。

今日は午前中に図書館まわり。
別れが近いVANVANを連れ出した。
b0024261_13010563.jpg
う~ん、この手軽さは捨てがたい。
毎日の足として、これ以上のオートバイはないと思う。
インジェクションとオイルクーラーを装着して、今でも売られている意味がよくわかる。

何年かこのGSRに乗った後か、はたまたもっと後のことになるのか、最後のバイクはVANVANに決めている。






by grid303 | 2017-08-22 13:22 | Motorcycle | Comments(0)


http://www.geocities.jp/grid303


by grid303

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新のコメント

だから猫はネズミを追っか..
by grid303 at 22:13
今年もよろしくお願いしま..
by okusan at 12:12
この島の猫は「世界猫歩き..
by grid303 at 12:58
NHK ダーウィンが来た..
by okusan at 10:40
返事ありがとうございまし..
by logic@サプライズ家庭教師 at 18:20
まとめ記事を拝見しました..
by grid303 at 14:11

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

カテゴリ

全体
Drama
Sports
Foods
Music
Relax
Others
Works
Cycling
Motorcycle

ライフログ


Memphis Blues


ゴールデン☆ベスト 日野てる子 ハワイアン・ベスト&ヒッツ[スペシャル・プライス]


SUMMER HOLIDAY


Tear-Drops Calendar


ひとかけらの夏


GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ


Havana Moon


トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション


マッハ Go Go Go ミュージックファイル Round-2


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)


Ring-a-Bell


Wish You Were Here


The Dark Side of the Moon


はらいそ


MOONLIGHT ISLAND


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ‾ベスト・ヒッツ・ライヴ デラックスエディション


Beatles for Sale


シャルメーヌ~ザ・ベリー・ベスト・オブ・マントヴァーニ


Bad Company


モンドダイヤ


ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック


GAME


First Message


ピュンピュン丸 コンプリートDVD


Getting Ready...


ぜんまいざむらいのうた


Start Over


Perfect Crime


1st flight(CCCD)


トラトラトラ!


次郎長放浪記


FOLK SONGS


キネマの天地


男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け


DREAM PRICE 1000 南沙織 17才


The Stranger


チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック


フランシス・レイ


ローズマリーDVD-BOX 1


LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)


アストロ球団 (第1巻)


全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」


天国の階段 オリジナルサウンドトラック


サインはV 1ST SET


BRAND-NEW MOTOR WORKS


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX


North Wind

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東京

画像一覧