大相撲

相撲が取り立てて好きなわけではないので、普段はほとんどTV中継を見ることもしないのだが、
昨日はたまたまチャンネルを合わせたら終盤の取り組みだった。

去年からいろいろと問題の多い相撲界。
朝青龍という力士(と呼びたくないが…)にその問題の全てが現れているような気がする。
優勝が決まった後のガッツポーズもVサインも誠に気分が悪い。
相撲というのは神道に基づいた神事だったのではないのか?
「相撲道を邁進」すべきものではないのか?
ただのスポーツに成り下がるのであれば、徹底的に楽しいものに変えたほうがいい。
日本の神道も神事も、朝青龍はなにもわかっていない。
でも、朝青龍が悪いのではない。
なぜ教育しなかったのか?
なぜあのような人間を横綱にしてしまうのか?
やられ放題をなぜ許しているのか?
b0024261_12455329.jpg

国技などと言うからには、その国の宗教、歴史、習慣などがわかっていない人間には参加する資格が
ないはずだ。日本相撲協会がそんなこともわかっていないなんて信じられない話だ。
会議をしても結論が出ないのに、責任の所在がはっきりしないまま、なんとなく話が決まっていってしまう
という日本人の悪い部分がよく見える相撲協会。
伝統は守れないよな。それじゃ。朝青龍にぜんぶぶち壊されるよ。
朝青龍が出ているうちは大相撲は見たくない。
b0024261_1246511.jpg

名前
URL
削除用パスワード
by grid303 | 2008-03-24 12:47 | Others | Comments(0)

徒然なネ見点

http://www.geocities.jp/grid303