人気ブログランキング |
ブログトップ

徒然な視点

https://grid303.amebaownd.com/


by yoshiaki sato
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ふざくんな!

 久しぶりにドラマ評でもやってみようかと思い立ったわけで……。
今クールはなかなか面白いドラマが多かった。

「牛に願いを」
なんと言っても相武紗季、香里奈、戸田恵梨香というキャストがよかった。
戸田恵梨香は「ライアーゲーム」が良かっただけに期待していたし、久しぶりのドラマ出演に
なる相武紗季は毎回顔を見ることを楽しみにさせてくれた。
それにしてもカミさんにつきあって見ていた「華麗なる一族」はひどいドラマだったなぁ。
さんざんストーリーを盛り上げておいて主人公が現実逃避の自殺で終了……なんて連続ドラマの
ストーリーとしてはつまらない。そんな人間の話は聞きたくない。
香里奈は役の心理状態が顔にですぎるきらいがあるが、着実に米倉涼子を追従している。
いい線だと思う。
上り調子の3人がジャンルの違ういい顔を見せてくれた。

「ホタルノヒカリ」
綾瀬はるかファンとしては大期待していた。
脚本のつまらなさ(リアリティの無さ)がところどころドラマをだいなしにしてしまっていたが、
綾瀬はるかの新たな一面を見せてくれた。ファンだから満足。
武田真治の役どころも面白かった。

「女帝」
最初はなんとなく見始めただけだったが、スト-リーが進むに連れてグッと引き込まれていった。
加藤ローサの出世作だろう。
今までの女子高生役しかイメージになかったから、最初はどうにも役どころに無理がある感じが
あった。その穴を埋めていたのが松田翔太だ。「ライアーゲーム」同様、いい味をだしていた。
ホステスに成り立ての頃の田舎っぽい雰囲気、顔つきが、出世と共に自身に満ち、度胸のすわった
顔に変わっていき、終盤は立派に女優として啖呵を切っていた。
「ふざくんな!」「のしあがっちゃるけん!」
なかなかでした。
続編が楽しみな1作だ。

「山田太郎ものがたり」
二宮クン相変わらずいいですね。
今年は「拝啓、父上様」もよかった。今や演技派として不動のポジションを作りつつある。
不思議なバランスの顔をした多部未華子のチャーミングさも際立っていたが、ちょっとふっくらした
大塚ちひろが、カラオケのシーンで一瞬見せた歌の上手さは惹かれるものがあった。
彼女の歌が聴いてみたい。

「ライフ」
自分の中では、今クール「女帝」と1位2位を争う傑作。
北乃きい がいい! 目がいい。困った顔もいい。笑った顔もいい。1991年生まれだって!
映画「Love Letter」で、夢からでてきたような清純な少女に会わせてくれた酒井美紀も、
90年代のドラマで恋に堕ちる乙女を演じた瀬戸朝香も先生役になってしまった。
90年代生まれが役者をやる時代。面白い。

「パパとムスメの7日間」
これもなんとなく見たら新垣結衣が非常によかった。
「ドラゴン桜」の時は可愛い娘という印象しかなかったが、今回は親父と中身が入れ替わるという
ストーリーゆえ演技が要求される役どころを見事に演じて楽しませてくれた。

こうやって書いてくると結局女の子の顔が見たいのだということがよくわかる。(笑
いい顔が見たいんだな。魅力的な顔が。

最後に昨夜の「黒い太陽スペシャル」。
あの立花が帰ってきた!(笑
また這い上がる。叩かれながらボロボロになりながら這い上がってくる。そしてすぐ裸にされる。(笑
マジな顔してやっているところが可笑しいんだな、このドラマは。
へんなところで終ったからきっと続編があるのでしょう。

b0024261_12123865.jpg

ふさくんな!
by grid303 | 2007-09-22 12:12 | Drama