ブログトップ | ログイン

徒然な視点

https://grid303.amebaownd.com/


by yoshiaki sato
プロフィールを見る
通知を受け取る

お会式 181012-7


b0024261_17382744.jpg



b0024261_13250264.jpg



b0024261_17382851.jpg



b0024261_17382863.jpg
仁王門を入った右側に建つのは、江戸初期に建立され、東京大空襲でも焼失をまぬがれた五重塔。
かつて池上に住む際には、部屋からこの塔が見えるところを探したが、入居できるマンションが見つからなかった。

日蓮聖人を祀る大堂に上がって講中の行列は終わり、翌日(13日)の朝、大法要が行われる。

大堂の奥には、インドから寄贈された本物の仏舎利が収められているという釈迦如来像や、アントニオ猪木さんがモデルになった仁王像を安置する本殿があり、その奥には幕末に勝海舟と西郷隆盛が会った庭園として知られる松濤園が広がっている。

今日は正面の石段が上りの一方通行になっているので、山を下るには大堂の先を左に折れる車坂を行くか、五重塔から池上会館の展望台に出て階段を下りることになる。
もうかなり足が痛くなってきていたので、坂道よりも人が少ない階段を行くことにした。
本門寺の周辺には20以上の小さなお寺があるが、妙見堂というお堂が残る照栄院の脇に出る。
b0024261_18171295.jpg



b0024261_18171239.jpg



b0024261_18171238.jpg
さて、一息ついたら参道に戻ってみるかな・・・。
日本中から集まる講中の行列は、まだまだ続く。



名前
URL
削除用パスワード
by grid303 | 2018-10-13 18:21 | monochrome | Comments(0)