<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

じてんしゃにのれたの巻

 なんとか駅まで歩けるようになったのだが、左足の裏がかなり痛くなる。
まだ足首も固いしアキレス腱も伸びないので足裏にかかる荷重のバランスが悪いこともある。
だが一番の原因は、親指と小指の付根のぽっこり部分が柔らかいことだ。普通は踵と同じようにここの皮膚は固くなっているのに、再生した皮膚だからまだ柔らかいままなのだ。だから裸足でフローリングの上を歩くととても痛い。
これが固くなるには時間がかかる。できるだけソールの柔らかいシューズを履きながら、タコになるのを待つしかない。
以前のように駅まで自転車で行けたらかなり便利になるなと思った。
自転車は、となりでマンション建築工事をしているために土埃でドロドロになり、前輪がパンクしたまま放置してあった。交換用のタイヤとチューブは用意してあったのだが、しゃがむことができないし、一旦腰を下すと立つのが大変なのでそのままになっていた。
一昨日、掃除とメンテとタイヤ&チューブ交換を実施した。立ったまま作業をするから腰が痛いのなんの。(笑
b0024261_9295535.jpg

ペダルをこぐのは土踏まずの部分でやれば大丈夫なのだが、問題は乗り降りの時に片足でバランスをとることだった。まあこれもバイクで大分慣れてきて、サドルを下げてゆっくりやれば大丈夫そうなので、早速駅まで走って池上線で蒲田にくりだした。
10ヶ月ぶりのひとりホルモン。
し・あ・わ・せ。(笑
b0024261_9344044.jpg

ゆっくり走ってるんだけど、それでも便利だなあ、じてんしゃ。
[PR]
by grid303 | 2016-05-28 09:36 | Cycling | Comments(4)

救援隊

 日曜日に佐野へ行ったのはひとつの目的があったからだった。
義母はキッチンのドアを開けたところで猫たちに食べ物をあげていた。
一昨年のある日、親猫が育児放棄して死にそうになっていた2匹の子猫を義弟が保護し、ワクチンや避妊去勢手術を受けさせたのだから、外猫ではあるが飼っていると言っていいだろう。
また昨年のある日、そのうち1匹がいなくなり、同じ頃に2匹の子猫がキッチンの裏で生活するようになった。
カミさんはその2匹を保護して避妊手術を受けさせようとしたのだ。
実家に着くといつも出迎えてくれる三毛(以前からいた猫)ではなく、かわいい黒猫が迎えてくれた。
b0024261_10355333.jpg

まだ子猫のような顔立ちなのにお腹が大きくなっていて、もしかしたら子どもがいるかもしれないなと二人で話した。
野良猫を保護捕獲するのは専用のケージでもなければ大変な作業なのだが、2匹のうちの1匹であるこの黒猫は食欲旺盛で、カミさんが鰹のおやつを与えて小型ケージの中にも置いたら、なんと簡単に保護できてしまった。
すぐざま近所の動物病院に連れていった。野良はまずワクチンの注射をしなければいけない。
ところが、やはり妊娠していて今日生まれてもおかしくない状態であり、この状態では避妊手術はもちろん、ワクチンの注射もできなと言われて帰ってきた。母体がまだ幼いので出産に絶えられないかもしれないという。
近隣の苦情もあって外で勝手に子猫を生ませるわけにはいかないので、実家の空き小屋に大きなケージを置いて子どもを生ませる準備はしてみたものの、毎日義母の病院に通っている義父や、やはり仕事をしながら病院に通っている義弟にその世話は無理だ。かと言ってワクチンを受けていない猫をうちに連れてくるわけにもいかない。カミさんは悩んだあげく、みなしご救援隊に電話をした。
「犬猫みなしご救援隊」は広島を本拠地として活動するNPO法人で、以前救援物資の協力をしたこともある、常日頃からカミさんがリスペクトする組織だ。
黒猫は、東日本大震災の後に作られた那須塩原の終生飼育施設に預けることになった。
ワクチンや避妊手術などもしてもらうのだから、もちろんそれなりの費用はかかるが、カミさんの実家にとってはお母さんが飼っていた猫であり、天の助け、まさに救援隊だ。

そして火曜日、黒猫のトタンスポーターを担うこととなった。
レンタカーを借りて佐野へ行き、ケージの高さを半分にして荷台に乗せた。
b0024261_11125251.jpg

小屋に着いた時、ケージの上には姉さん格の三毛が乗っていて黒を見守っていた。ケージをクルマに積み込むまでずっと見ている。
「おまえも心配なんだな。大丈夫だよ、安心して赤ちゃんを産めるところに行くんだから、おまえも安心して見送りな」
彼女たちにとっては今生の別れだ。
荷台のクロは小さな声で不安そうに鳴く。慣れないクルマの振動で出産が始まってしまうのではないかと気をもみながら、とにかく救援隊に着くまで頑張ってくれと願った。
「もうちょっとだからがんばれよ!」
b0024261_11203452.jpg

那須塩原の救援隊に着き、クロを預ける。
b0024261_11264565.jpg

「大事に預からせていただきます」
どうか仲間たちと幸せに生きてほしい。
あの子と逢うことはもうないのだろうけど、たしかに命が触れ合った。
b0024261_11281148.jpg

不幸な犬や猫たちのために多くのボランティアが活動してしている。
応援したい。
[PR]
by grid303 | 2016-05-25 11:29 | Others | Comments(0)

遊水池

 数年ぶりに北ゲートから渡良瀬遊水地に入る。
b0024261_10425517.jpg

かつてはこの湿原に谷中村という村があったという。
足尾銅山の鉱毒を沈殿させるためと相次ぐ水害を防止するため、明治末期から昭和にかけて広大な遊水地が作られた。
b0024261_10405316.jpg

脇道に進入していくと葦原の中に緩やかな川の流れが現れる。
b0024261_10453150.jpg

う~ん、ウィードが増えつつあるいいワンド。
バスボートに乗って葦のきわにソフトルアーを落としてみたい。

しかし暑かったなあ・・・昨日は。
今日はもっと暑いらしい。
[PR]
by grid303 | 2016-05-23 10:47 | Motorcycle | Comments(0)

藤さん

 ずっと撮りたかった1枚。
金太郎富士見ラインから御殿場をのぞむ。
b0024261_20302193.jpg

スマホは広角すぎて、富士山が遠く見える。迫力に欠ける。
パンケーキレンズ付けたカメラ持っていくべきだった。
まあね、いつも突然行くからね・・・しゃーないね。(笑い
b0024261_20324259.jpg

[PR]
by grid303 | 2016-05-20 20:33 | Motorcycle | Comments(0)

そりゃないぜ(涙

 土曜日の昼飯。
足柄で味噌ラーメンにするか、館山中村屋でカレーにするか・・・。
土日でも空いてる千葉だな。
ってことで、アクアラインに吸い込まれていった。

今日も館山市民の憩いの場となっている中村屋の2F。(笑
b0024261_1954825.jpg

迷うねぇ。野菜カリかな・・・。
b0024261_1925472.jpg

くぅ~、ホットケーキアラモードもいいねぇ。
b0024261_196546.jpg

「いらっしゃいませー」
「野菜カリを」
「すいません。今、ライスが少々時間かかります」
「どのくらい?」
レジのおばちゃんが厨房のおっちゃんに声をかけて。
「今、炊いてるんですごくかかっちゃいます」
「それって、やめろってことね」
「すいませんねぇ」
おばちゃん、そりゃないぜ。東京からわざわざカレーを食いに来たんだぜ。
仕方がないから、ビーフシチューとピザトーストにした。
頭が軽いパニック状態に陥っていたので、ホットケーキを忘れてた。(笑

今日は外房を上がるのではなく、館山でありこち脇道に入った。
b0024261_1915787.jpg

b0024261_19151828.jpg

Oh! キャンプに最適じゃん!
という浜を見つけたので帰って調べてみたら、「ビーチボーイズ」ってドラマのロケが行なわれた布良浜という海岸だった。
いいねえ。でも夏は人が来るのかな・・・。
b0024261_19174792.jpg


千倉からR410で木更津に戻ってアクアライン。
20日で今の仕事が片付くから、キャンプに行ってみるかな。
焚き火をしに・・・。
[PR]
by grid303 | 2016-05-14 19:22 | Motorcycle | Comments(2)

EEE気持ちE

 13時すぎ、腹がへったので遅いランチをとりに外へ出た。
晴天で風もなく温度もよし。
まさに心も体もとろけそうな気持ちよさ。
第3京浜に入ったものの、3時までには帰宅したいので港北で下りた。
日吉に住んでいた頃は、よく自転車で鶴見川のサイクリングコースを走ったな・・・。
なつかしい。
b0024261_19401663.jpg

b0024261_19402466.jpg

新羽から綱島に抜けて、綱島街道沿いの「Ju Ju カルビ」でランチ。
ヤバイ。
たいした事ないランチセットの肉なのに白飯が美味すぎておかわり。
ここ何日か1食生活をしていたのに台無し。
ああ、ポッコリおなかが・・・。(笑

ま、あまり我慢するのもよくないやね。
などと言ってみる。
[PR]
by grid303 | 2016-05-12 19:46 | Motorcycle | Comments(0)

ヤマトの諸君に聴かせたい

 テレビに出ていた14歳のエレクトーンプレーヤーに感動。


おじさんたちが涙を流しているらしい。(笑
いろいろな天才がYOUTUBEから生まれているけど、この娘もすごいね。
今のエレクトーンという楽器も面白い。
[PR]
by grid303 | 2016-05-03 15:35 | Music | Comments(0)

watarase

 日曜日、夕方に義母の見舞いだったので、房総経由で佐野まで行くことにした。
10時頃に家を出てアクアラインに行くと、案の定、トンネルの入り口前からすでに渋滞。ま、こちとら、あまり関係ないので60~70キロでゆっくり走っていると、出口が近くなったところで凄い音がする。
工事でもしているのか、なにかが壊れたか?
なんのことはない。後ろから路肩を6~7台の珍走団が走ってきた。けっこう綺麗な旧車をおそろいで例のルックスに変えてしまっていある。もったいないな。でもこれが彼らの美学。(笑
なりゆき上、その子たちの後ろを走る形になって橋を渡り、料金所へと向かう。当然、爆音を轟かせながらスルーするものと思っていたら、二人はETCのゲートをくぐり、あとの5人くらいは一般のゲートに並んでいた。ああ、気持ちいいから君たちもツーリングにきたのね。
時代が変わったのだと思った。(笑
なんだかこの日はやたらと珍走団に遭遇する日で、千葉でも茨城でも栃木でも同じように背高シートと絞りハンドルの子たちが、集会というよりツーリングをしていた。(笑

君津から鴨川に抜けて九十九里へ。成田から筑波に出て古河へ。
思ったよりも距離があって、350キロを走行して4時すぎに佐野着。
久々に義父や義弟と食事をして佐野に泊った。

月曜日、朝8時に出発して日光参り。
足尾に寄ってみたかったので、桐生から渡良瀬渓谷を上る初走りのコースにした。
大間々駅に停車しているトロッコ列車を見て、ああ、これが「わたらせ渓谷鉄道」ね、と納得。
草木ダムを経由し、35キロほどで足尾に。GW中とはいえ平日なので空いていて楽しく走れる道路だった。
b0024261_11234328.jpg

足尾ははやり銅山観光がメイン。歩くのがつらいので坑道には入らず。
わたらせ渓谷鉄道の駅はどこもいい雰囲気なのだが、足尾駅は駅舎もプラットホームも有形文化財になっているようで、映画に出てきそうなノスタルジックさだった。
b0024261_11274628.jpg

地図を見てかつての銅山の巨大さを知り、さらに支流の松木川を上ってみる。
b0024261_11291635.jpg

b0024261_11292527.jpg

100年ちょっと前、ここから日本初の公害事件が発生。あの巨大な渡良瀬遊水地は、ここから流れ出て渡良瀬川を下った鉱毒を沈殿させるために作られた。世に言う「足尾鉱毒事件」は明治時代の話だと思っていたのだが、実はつい最近まで鉱毒は川を下り、毒煙は自然を殺していたことを知った。
足尾銅山が閉山したのは1973年。その後、1989年まで輸入した鉱石を運んでこの地で精錬を行っていたのだという。国も黙って見ていたわけではなく、鉱毒を沈殿させて下流へ流れないようにするダムを作ったり、禿山となった山々に植林をしたりしてきたので、現在は緑が復活しだした山肌や治水された河原が綺麗だ。山も川も人の手が入った不思議な光景。沈殿したり土壌に浸み込んだ鉱毒がなくなるまでには気が遠くなるような時間が必要なのだろうけど、周囲の渓谷には川魚が住めるようになり、渡良瀬遊水地にも多くの魚類が生息している。
松木川の精錬所跡から林道を6キロほど走り、山奥の谷に下りていくと銀山平と呼ばれる川沿いの平地がある。途中の山肌には「狸穴鉱」や「鷹巣鉱」といった、おそらく江戸時代のものであろう小さな鉱跡がいくつもあった。もう、この辺の山々一帯が銅山だったらしい。
銀山平は明治時代に山奥の一大資材基地となっていた場所で、当時は多くの人間が住んでいたようだ。今は、温泉付きの国民宿舎とキャンプ場が作られている。
b0024261_1215539.jpg

いいねえ。

足尾の社会科見学を終えて、日光を目指す。もう20キロくらいの距離だ。
長いトンネルを抜けたら日光の山々は霧の中。急に温度も下がる。
b0024261_12242362.jpg

さすがに社寺のあたりはすごい人混み。
今、また戦国武将ものの記事を書いているので東照大権現にお参りと思っていたのだが、混雑もすごいし、そもそも歩くのが辛いのだから、今回は騎上からのご挨拶にさせていただいた。(笑
帰路はやっぱり例幣使街道。お公家さんが通われた例幣使街道は奥ゆかしさがありまんな。
b0024261_12241050.jpg

鹿沼でおそい昼食。
なんだか凄そうなので入ってみる。
b0024261_1227177.jpg

要するに、手でこねないでカーリングの道具のような石の重りで生地を打った蕎麦とうどん。
b0024261_12282431.jpg

蕎麦の香りはしなかったけど美味かった。てんぷらも良し。

鹿沼から4号線に出て、江戸へまっしぐら。
17時少し前に帰宅。
2日間で600キロだからそう大した距離でもないのに、手首と腰がアイタタタ。
次回の日光は普通の平日に行って社寺参りをしたいな・・・。
[PR]
by grid303 | 2016-05-03 12:34 | Motorcycle | Comments(2)


http://www.geocities.jp/grid303


by grid303

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

いや、むしろ歌舞伎か?
by grid303 at 13:34
にゃあ
by KねこまみれK at 17:47
アラートで危険を教えても..
by grid303 at 14:00
姿勢を低くして 頭はカバ..
by KねこまみれK at 09:09
氷あずき たべたい
by grid303 at 10:09
暑中お見舞い申し上げます..
by okusan at 17:33

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
Drama
Sports
Foods
Music
Relax
Others
Works
Cycling
Motorcycle

ライフログ


SUMMER HOLIDAY


Tear-Drops Calendar


ひとかけらの夏


GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ


Havana Moon


トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション


マッハ Go Go Go ミュージックファイル Round-2


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)


Ring-a-Bell


Wish You Were Here


The Dark Side of the Moon


はらいそ


MOONLIGHT ISLAND


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ‾ベスト・ヒッツ・ライヴ デラックスエディション


Beatles for Sale


シャルメーヌ~ザ・ベリー・ベスト・オブ・マントヴァーニ


Bad Company


モンドダイヤ


ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック


GAME


First Message


ピュンピュン丸 コンプリートDVD


Getting Ready...


ぜんまいざむらいのうた


Start Over


Perfect Crime


1st flight(CCCD)


トラトラトラ!


次郎長放浪記


FOLK SONGS


キネマの天地


男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け


DREAM PRICE 1000 南沙織 17才


The Stranger


チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック


フランシス・レイ


ローズマリーDVD-BOX 1


LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)


アストロ球団 (第1巻)


全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」


天国の階段 オリジナルサウンドトラック


サインはV 1ST SET


BRAND-NEW MOTOR WORKS


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX


North Wind

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東京

画像一覧