<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

墓参

 昨日は母親の一周忌で長野県小諸市の墓に行ってきた。
梅雨時で天気の心配をしていたが、現地に着くと晴れている。
両親の墓参りで小諸を訪れると、不思議と毎回晴れて浅間山がその勇姿を見せてくれるのはありがたいことだ。
b0024261_15224627.jpg

昨年、母の葬儀に際してお世話になった皆さま、ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

カミさんと妹の家族、いつも駆けつけてくれる現地の従兄弟と墓参を済ませ、軽井沢でささやかな食事会を催した。
軽井沢までは山麓の田舎道を行けば15分ほど。左には浅間山、右には眼下に広がる佐久平……、クルマの窓を全開にして高原の空気を吸い込んだ。

今さらながらいいところだな、と感心する。

晩年、父親はここに戻って暮らしたいと言っていたが、下町の商店街で育ち、東京の町暮らししか知らない母親は頑なに反対した。
どちらの言い分もよくわかる……。
まあ、でも結局はここに2人並んで名前を刻まれてよかったのだろうと、孫の顔すら見せてやることが出来なかった親不孝息子は思っている。
b0024261_1536476.jpg

by grid303 | 2013-06-23 15:58 | Relax | Comments(2)

尻尾

 NHK-BSでたまにやっている「岩合光昭の世界ネコあるき」をカミさんと見ていると、猫たちも食い入るように見ていて、画面をさわりに行ったりする。
この番組は猫の視点を意識して地面すれすれから撮影している映像が多いから猫たちにも人気がある。動物写真家の岩合さんならではのアングルが素晴らしい。
映像を見ていて気づいたのだが、ヨーロッパの猫たちはみな長くてきれいな尻尾を持っており、日本にいるような短い尻尾の猫は出てこない。
江戸時代にはなぜだか尻尾の長い猫が不吉だとされて、短くクリンと丸まった「かぎ尻尾(英語だとジャパニーズボブテイルというらしい)」の猫が大事にされたようで、おそらくあの時代に淘汰された結果、今でも日本には尻尾の短い猫がいるのだろう。
うちの黒猫がそうで、触ってみると先細になった7~8cmくらいの骨がクリンと丸まっており、歩く様子を見ていると尻尾の長い猫とは別の動物であるかのようにも感じる。小さくて細い熊みたいな感じもする。(笑
だから日本猫は「ジャパニーズボブテイル」なんて呼ばれて、欧米にもファンがいるようだ。

トラやヒョウやピューマは長い尻尾で体のバランスをとっているらしいから、おそらく野生では長い尻尾がなければ生きていけないはずで、そういう意味では、ジャパニーズボブテイルは野生とは対極に位置する進化形といえるかもしれない。

などと、それぞれ違う猫たちの体型や性質を進化の過程から想像してみるのも面白い。
キジトラのほうは10cmくらいのピンと真直ぐな尻尾で先の骨が折れ曲がっている。尻尾の先に毛玉がついているようでこれも可愛い。
黒猫が細くてしなやかな体型で抱くとフニャフニャな感触であるのに対し、こちらは筋肉質のガッチリ体型で力が強く、抱いていて離れる時には気をつけないと爪の跡をつけられる。(笑
b0024261_12125855.jpg

b0024261_12131349.jpg

by grid303 | 2013-06-21 12:13 | Relax | Comments(0)

千差万別

 元来おしりの具合があまりよくないこともあり、ウォシュレットが必需品になったわけだが、ウォシュレットを使うようになって変わったことがある。
それはトイレットペーパーの使い方。
どう変わったかということをここで詳細に説明してもしようがないのだが、トイレでの紙の使い方というのは、人それぞれ自分の中で追求した高能率な方法があるのだろうなと、用を足しながらふと思った。

小学生の低学年の頃、キャッチボールなどをしてよく遊んだ近所のM。
Mの家の前でキャッチボールをしていると急にBIGな方をもよおした。
トイレを借りることにしたのだが、Mの家は共同トイレだったので紙を持っていかなければならなかった。もう足をじたばたさせて待っていると、Mは当時はよくあった長方形の少し黒ずんだチリ紙を1枚持ってきてくれた。
わざと意地悪をしているのだろうと思い、「これじゃ足りないよ!」と言うと、Mは部屋に戻りもう1枚持ってきてくれた。すでに我慢できない状態になっていたので諦め、2枚のチリ紙を持って目がしみるトイレに駆け込んだのだった。
用を足しながらほっとすると同時に、(えっ?いつも1枚で……どうやって……)と思いを巡らした。少年マガジンのパンパカ学園に出ていたキャラメルの包み紙1枚で処理する方法が頭に浮かんだりして……。(笑

その時、たった2枚の薄いチリ紙でどう処理したのかは覚えていない。
まあ、モノにもよるなぁ……。
b0024261_14591027.jpg

by grid303 | 2013-06-17 15:05 | Others | Comments(2)

ともしび

 昨日は初めて受ける大腸検査だった。
大腸の動きを止めるためにボーっとする注射をするので運転はだめだと言われ、自転車で駅まで行き、池上線で旗の台へ。
夕方、検査を終えて帰宅……、家の前を通過して鵜の木のガストに飛び込んだ。
前日の18時すぎにそうめんを食べたきりだからとにかく腹がへっていて、朝から今晩はあれを食おう、これを食おうと空想を膨らましていたのだが、夜の営業時間まで待てないからァミレスに飛び込んだのだ。
あの注射がけっこう効いていて、本当にボーっとしていた。
その時は歩けないなどということはなくて、まあしっかりしているので、それほど強い薬ではないのだが、なんだか後を引いた。ボーっとする感じがゆっくりフェードアウトしていく感じ。
まあ悪くはないのいだけれど……。
昨日はどうせ朝から使い物にならないだろうから1日なにもしないつもりだったので、猫たちの相手を存分にしてやり、寝たり起きたりしてゴロゴロしているうちに夜中になった。

低気圧のせいもあるのだろうけど、今日も1日体を動かすのが重だるい。
少し仕事をしては横になり、また起きてはデスクに向かう。
今宵は本門寺で21まで「100万人のキャンドルナイト」というイベントがあるというので、雨が降らなければ写真を撮りにいこうと思っていたのが、夕方からはだるくてあきらめかけていた。
仕事がひとくぎりついたのが20時すぎ。雨は降っていない。晴れ間さえ見える。
まだ間に合うな……
ミストサウナにいるような、いかにも梅雨時の空気の中、自転車をこいで本門寺に向かった。
新参道に自転車を置いて総門の前まで来ると、4列の小さな灯篭が石段の上まで並んでいる。
b0024261_255544.jpg

多くは子供たちの絵が描かれたものだ。
b0024261_202234.jpg

山門を抜けて本堂を望む。
b0024261_1464957.jpg

もう終了間際のせいか人もまばらで、池上太鼓などの催しは終わっているようだった。ちょうどよいタイミングだった。
レーザー屋がいてミラーがセットされていたのでレーザーショウなんかもやったのかもしれない。
グラフィックもビームもいらない。
蝋燭の炎を楽しむイベントなのに、なぜレーザー屋?

帰宅する頃には体中に汗がにじむほどの気候だったけど、不快じゃなかった。
ともし火の揺らぎが、体の中に固まろうとしていた邪気をほぐしてくれたような気がする。

したいなぁ……耳たぶが熱くなるような火遊び。(笑
抜けてないか……。
by grid303 | 2013-06-16 02:11 | Others | Comments(0)

れいへいし

 土曜日、野暮用で栃木まで行ったので佐野に泊まり、昨日は日光に寄って帰ってきた。
前回は取材を兼ねていたこともあり、日光街道の旧道にこだわったコースだったので、今回は例幣使街道を走ってみることにした。
これがなんと気持ちいい!!
滅茶苦茶気持ちよくて生き返るくらい。(笑
深い杉並木が長く続き、交通量が少ないのでゆったりした気分で走れる。
b0024261_10333286.jpg

この少し前にサルエモンが前を横切った。
こんなところまで下りて来てるのか? って感じだけど。
オススメですよ。例幣使街道。
初夏の今頃は、涼しい風の中を杉の香りがほのかに漂っていて爽快。

今回は社寺をパスして中善寺湖まで走ってみた。
本当に小学生以来だな・・・
「いろは坂」もなるほどね!っていう感じ。
b0024261_10391386.jpg

芦ノ湖と比べると中善寺湖は人もクルマも少なくて静かでよかった。

栃木まで例幣使街道を戻り、小山から新4号線で江戸に戻った。
これは前日の夕方に撮った思川。
b0024261_18492521.jpg

「思川(おもいがわ)」なんて、なんだか曰くがありそうな名称だな・・・

人間というのは、定期的に「気持ちいいこと」をしなければいけない生き物なんだと実感する。
まあ、ガス抜きってやつですな・・・

追記:佐野の夕景
b0024261_10342268.jpg

by grid303 | 2013-06-10 18:53 | Motorcycle | Comments(2)

北白川

 溝口の本屋に行った帰り、この辺も久しぶりだな・・・などと思いつつ新城のあたりにさしかかると、大きな赤い看板に「魁力屋 京都北白川」と書いたラーメン店。
まだ3時すぎで全然食べる時間ではないのに、昨夜「めしばな刑事 牛丼編」を見て今日は絶対に牛丼を食べようと思っていたのに、なんだか「京都北白川」の文字に惹かれて急にラーメンが食べたくなり、吸い込まれるように店に入ってしまった。
b0024261_17104746.jpg

背油の下は鮮やかな醤油色だが割とあっさり気味でしょっぱくないスープに極細麺の組み合わせ。
千葉だったか神奈川だったか忘れたけど、いつか食べたことがあるな・・・
その時も看板に惹かれて入ったような気がする。
小杉十字路の信号で止まり、口の中に残る旨味調味料の余韻を楽しんでいると、右に「浮島16km」の表示。
トンネルをくぐって千葉に走りに行きたいな・・・
行ってないなぁ・・・
by grid303 | 2013-06-05 17:16 | Foods | Comments(3)

買い物ショート

鵜の木の駅に下りてそのまま多摩川まで行き、サイクリングコースをガス橋手前で左へ。
オリンピックでウィンナとパンなどを買って銭湯の角を通り過ぎてから鵜の木の駅前へ。
ちょっとサイクリング気分を楽しむ「買い物ショートコース」。
今日の多摩川の気持ちよさといったら……
緑が濃くなって真っ青な空に映える。
カメラもスマホも持っていかなかったので、帰ってからとなりの大木を撮影。
b0024261_15585192.jpg


いい季節だ。
by grid303 | 2013-06-02 15:59 | Cycling | Comments(0)


http://www.geocities.jp/grid303


by grid303

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

ニュースで見た! テレ..
by grid303 at 13:39
こないだ 池上線フリー乗..
by okusan at 10:49
秋の色だよねぇ。 メシ..
by grid303 at 10:43
いいですね 信州 空の..
by KねこまみれK at 09:17
いや、むしろ歌舞伎か?
by grid303 at 13:34
にゃあ
by KねこまみれK at 17:47

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
Drama
Sports
Foods
Music
Relax
Others
Works
Cycling
Motorcycle

ライフログ


SUMMER HOLIDAY


Tear-Drops Calendar


ひとかけらの夏


GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ


Havana Moon


トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション


マッハ Go Go Go ミュージックファイル Round-2


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)


Ring-a-Bell


Wish You Were Here


The Dark Side of the Moon


はらいそ


MOONLIGHT ISLAND


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ‾ベスト・ヒッツ・ライヴ デラックスエディション


Beatles for Sale


シャルメーヌ~ザ・ベリー・ベスト・オブ・マントヴァーニ


Bad Company


モンドダイヤ


ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック


GAME


First Message


ピュンピュン丸 コンプリートDVD


Getting Ready...


ぜんまいざむらいのうた


Start Over


Perfect Crime


1st flight(CCCD)


トラトラトラ!


次郎長放浪記


FOLK SONGS


キネマの天地


男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け


DREAM PRICE 1000 南沙織 17才


The Stranger


チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック


フランシス・レイ


ローズマリーDVD-BOX 1


LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)


アストロ球団 (第1巻)


全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」


天国の階段 オリジナルサウンドトラック


サインはV 1ST SET


BRAND-NEW MOTOR WORKS


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX


North Wind

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東京

画像一覧