<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

JAPAN'S No.1 ROCK'N ROLLER

 金曜日は取材で1日名古屋にいて、20:10発の新幹線で東京に向かった。
チケットに記された座席に座り、フゥーっと一息ついて電光掲示板を見ていると、桑名さんが他界されたというニュースが流れた。7月に意識を失って以来、覚悟はしていたが、なにかまたひとつ心の中の石がころっと転がり落ちたような感じがした。

 18歳でMASAHIRO KUWANA & TEARDROPSのスタッフとして仕事を初め、19歳からは専属ローディー(当時はまだ日本の音楽業界にその言葉はなかったが……)としてツアーを周り出し、以来10年以上ステージディレクター、制作担当として桑名さんのステージに関わった。
 数え切れないほどのステージやテレビ番組の想い出が、車窓に流れる夜景と重なって脳裏に蘇る。
 思えば、スタッフワークとは何か、スタッフにとってのミュージシャン、スターとは何か、つきつめて言えば、エンタテイメントとは何か、という今の自分の根源に存在する核のようなものを桑名さんから体験的に教えてもらった気がする。
 ミュージシャンに限らず、今までに遭遇してきた人間の中で、彼ほど規格外と言うか、型破りと言うか、多分日本人には珍しいほどのスケール感を持っている人はいない。ツアースタッフに加わった頃、桑名さんはまだ25歳だったことが、今考えると驚きだ。
 当時の想い出を語れば切がないのだが、文章とはいえ、今もエンタテイメントに関わっている身として、忘れることのできない想い出がいくつかある。

 1980年頃、「夜のヒットスジオ」に出演した時のこと。
 当時歌っていた曲は桑名さんのギターから始まる曲で、桑名さんは歌う前に司会の井上順さんと吉村真理さんの間で話をしながら星型のエレキギターのボリュームつまみを上げてツインリバーブから音が出ることを確認していたのだが、それが出ない!
 CMの間にセッティングをし、ボリュームつまみさえ上げればその曲のイントロに使う音色が出る状態にしてあったので、カメラの外にいて真っ青になった。
 画面の中では司会の二人と話しながら、「あれっ?でーへん」みたいなことを言っている。
 当時はまだ若くて視力がいいので、ギターにつながったシールドからエフェクター、アンプまでのラインをよーく見てみると、エフェクターの出口でシールドのプラグが抜けている!
 脇にいて舞い上がっているADにつなぎに出ていいかと確認し、3人の後ろをするっと通って抜けていたプラグをエフェクターに差し込んだ。その瞬間、ツインリバーブからエレキギターをピックで叩く歪んだいつもの音が鳴ってくれ、無事に演奏に入ることができた。
(これはとうとうぶっとばされるかもしれないな……)と思った。
 しかしトラブルの原因は、随分前にもう亡くなってしまったが、ギターの新井さんが立ち位置に向かう時にその部分を踏んでしまったことだと桑名さんに謝ったのだった。ぶっとばされなかったことよりも、とにかく生番組を無事終えられたことにほっとして胸を撫で下ろした。
 20歳の頃は、桑名さんのギターだけでなく、バンド全員のギター&ベースをチューニング・セッティングしていたから、コンサートの時は一人で本番前に12~13本のギター&ベースをチューニングしなければならないことも多く、そんな日は最後のギターのチューニングを終えると作業を始めてから30分以上が経っていた。最初にチューニングしたギターは、その日その場所の温度や湿度で微妙にチューニングがくるっていることも多い。
 それから他人のギターをチューニングする方法を研究した。
 ギターという楽器はフレットを指で押さえる強さによって音程が微妙に変わるから、いくらチューニングメーターや自分の指でチューニングしても、いざミュージシャンが持って弾きだすと心地よい音程になっているとは限らない。  
 だから、そのミュージシャンのそれぞれの指の癖を把握し、最初に弾く曲に合わせたチューニングをしなければだめだということに気がついた。
 TEARDROPSは、桑名さんを入れて3人のギタリストと1人のベーシストがいたので、4人の癖を完全に把握する必要があった。桑名さんがメインで使っていたB.C.RICHのエレキギターは、3弦をほんの少し低めに、1弦をほんの少し高めにチューニングすると、本人が弾いたときにけっこうイイ感じになった。でもそれは弾くギターによっても曲のキーによっても違ってくる。
「MASAHIRO No.5」というアルバムを出した後のツアーでは、客席が暗くなり、無音の中で緞帳が上がると、ステージのセンターでポーズを決めている桑名さんのエレキギターでイントロが始まる作りだった。1ベルが入り、バンドメンバーが緞帳の中でスタンバイする。1曲目に使うギターのストラップとネックを持って桑名さんに渡すと、ストラップに頭と右腕を通した桑名さんは、緞帳が上がる寸前にボリュームつまみを上げ、緞帳が上がるとそのままイントロのリフを弾きだすのだ。
 セッティングやチューニングを信頼してもらっていたことはとても嬉しいことであったが、ヒットスタジオやベストテンなどの生番組同様に、この時のツアーは、毎日1曲目が始まるまでヒヤヒヤの緊張だった。もし桑名さんのギターにトラブルがあるとコンサートはド頭でぶち壊しになってしまうのだから。今でもあの緊張感は忘れられない。

 時は経ち、リズム&ブルースのカバーアルバム「ROCK'N SOUL SPECIAL」をリリースした時のこと。東京厚生年金ホールでコンサートがあった。
 22か23歳の頃だったと思う。ちょうどその頃から桑名さんのステージディレクター(いわゆる舞台監督)を務めるようになっていた。この日、2000人も入る大ホールで、その駆け出しの舞台監督は歴史に残る大失敗をやらかした。
 やはり緞帳の中でメンバーがスタンバイし、客席が暗くなると、演奏が始まってイントロで幕が上がるという設定だった。本来の手順は、5分前に袖の操作盤にいるホールの舞台担当者に1ベルを入れてもらい、イベンターの女性に開演アナウンスをさせ、メンバーを楽屋からステージの誘導し、演奏の準備が整ったら客席のコントロールブースにいるPAチーフと照明チーフにインカムでスタンバイを通知し、客席の照明を落としてもらってからバンドにQUEを出し、袖の操作盤に緞帳アップのQUEを出す……という段取りだ。今考えると難しいことは何もない。
 しかし、駆け出しの舞台監督は、バンドメンバーに神経を使うあまり、コントロールブースにスタンバイを通知せずにバンドにQUEを出し、緞帳を上げてしまったのである。
 この状態を満員の客席から見るとどういうことになるのか……。
 1ベルが入り、「間もなく開演いたします」というアナウンスが終わって2~3分経つと幕の中でモコモコとした音が鳴り出し(QUEを出していないので当然PAはまだ生きていない)、幕が上がると同時に客席が暗くなってPAスピーカーから急に大きな音が出だした……、という、はっきり言ってなんじゃこりゃの状態。幸い、幕が上がってからは桑名さんとバンドのメンバーの活躍により、盛況の中で幕を閉じることができた。
 本番終了後に大先輩だったPA・照明スタッフにひたすら謝り、それから桑名さんの楽屋に誤りに行った。この日のためにリハーサルを重ね、気持ちの入った(それはこの日だけのことでないが)大事なコンサートの幕開けをぶち壊してしまったのである。(これはぶっとばされても仕方がないな……)と思っていた。
 ところが、ステージで演奏していたミュージシャンたちは冒頭の客席側のとんでもない状況は知るよしもなく、桑名さんもわかっていなかった。覚悟を決めて楽屋に行くと、終演後に客席から訪れていた友人ミュージシャンがちょうど、「頭のあれはなんやったや?」と話し、まだ汗びっしょりの衣装のままの桑名さんが「えっ? なに?」と答えているところだった。
 そこにいつもとは明らかに違う表情の舞台監督が「お疲れ様でした!」と言いに来たのだ。桑名さんと目が合った瞬間に平身低頭で「すみませんでした!!」と謝り、コレコレシカジカでと、自分のミスを説明した。
 なにしろまだ、ステージのボルテージが残っている状態だ。「なにしとんじゃ!ボケが!!」という展開になるかも知れないと思っていたのだが、桑名さんは笑いながら、「頼むわ。ホンマ」とひとこと言っただけだった。
 予想外に寛大な対応に、かえって申し訳なかったという気持ちが大きくなり、次のステージは絶対に完璧な段取りで仕切ろうと思った。そしてその後も桑名さんのステージディレクターを続ける道を選び、10年以上のお付き合いになった。あの頃、6歳も年下の駆け出しディレクターを大事にしてくれたおかげで、他のコンサートやイベントでもディレクション&演出の仕事ができるようになったのだ。スタッフとして育ててもらったようなものだ。感謝の念に絶えない。

 忘れられない想い出話をしだすと本当に切がないのだが、最後に桑名さんと会った昨年の10月某日は感動的な1日だった。
 新宿のライブハウスで、音楽業界のある大師匠の80歳の誕生記念パーティーが開催され、古くからの知人や友人が集まった。その日のステージディレクターを頼まれ、もう大分そういった仕事からは遠ざかっていたのだが、二つ返事でお手伝いさせていただいた。10年ぶり、20年ぶりで会う知人も多く、それだけでも感動的な日だった。桑名さんと会うのも10年ぶりだったろうか……。
 この日、桑名さんは、下田逸郎さんと二人で大師匠のために3曲ほど歌った。アコースティックギター2本のデュオといったところ。
 ほのぼのとした空気の中で始まった1曲目の『セクシー』も良かったけど、2曲目の『月の灯り』は絶品だった。作詞者と作曲者の二人が歌う『月の灯り』・・・・・
 30数年前にこの曲ができてから流れた時間が二人の歌には感じられた。会場にいた誰もが、それぞれの30数年という時間をかみ締めながら全霊を傾けて聞いているような、とても優しい空間だった。
 この日、桑名さんは「月のあかり」という焼酎の一升瓶を2本、お祝いの差し入れ用に持参されたのだが、楽屋でそのほとんどを自分で呑んでしまった。
「yoshiaki、結局自分で呑んでもうたわ(笑)」
 それが最後に聞いた言葉となった。
 あの日、会えてよかった。歌を聴けてよかった。

 品川で新幹線を降り、帰宅したのは22時をとうに回っていた。あれこれと文章を考えてみたものの、頭の中を流れ続ける想い出と石が転がり落ちた空虚感のせいでまったくまとまらなかった。
(今晩は作業をやめて献杯することにしよう……)
 『テキーラムーン』でも聴こうかと思ったが、ますます想い出が噴出してきて眠れなくなるのでやめにし、麦焼酎をストレートでただゆっくり呑んだ。

 最後はちょっと不自由な時間がありましたが、やりたいようにやる自分の生き方を全うされたことに敬意を表したいと思います。
 そして一緒にステージの仕事をさせていただいたことを心から感謝いたします。 
 桑名正博さん、ありがとうございました。
 ROCK & ROLL に合掌。
b0024261_10291546.jpg

1978年リリースの『TEQUILA MOON』
ジャケ写撮影は加納典明さん。当時、桑名さん25歳、加納さん35歳。


 ローディーをしていた19~21歳の頃に同行したツアーで、桑名さんが最後に歌っていた曲、ジャクソン・ブラウンの『ROAD OUT ~ STAY』
 自分で日本語に訳詩して歌っていた。
 これは、コーラスに金子マリさんや亀渕友香さんがいて、斉藤ノブさんがパーカッションで参加しているので、おそらく1979年末から80年にかけての「ROAD 80」というシリーズのどこかじゃないかと思う。だいたいTEARDROPSのメンバー以外にコーラス3人、ホーンセクション3人、パーカッションという編成だった。
 当時は今のように簡単に録音できる携帯グッズなどなかったから、誰かが持ち込んだカセットレコーダーで録られたものではないだろうか。
 出どこはともかくとして、音質も悪く音飛びも激しいが、よくこんな音源が残っていたものだと感激した。
 アンコールはいつもR&Rを2曲ほどぶちかまして客は総立ち、最高の熱気とボルテージの中で最後は『さよならの夏』などのバラードかこの曲で終わるのが、MASAHIRO KUWANA & TEAERDROPSのスタイルだった。
by grid303 | 2012-10-28 02:11 | Others | Comments(4)

今晩は・・・

エネルギーが切れました。
明日にでもアップします・・・
by grid303 | 2012-10-27 02:20 | Others | Comments(0)

無用の丸物

 残しておかなければならない様々な書類や、仕事関係の資料などを収納しておくスペースがなくなったので、キャビネットの一番大きなスペースに詰め込まれていた多数のDVDを捨てた。
もう10年も前になるだろうか。DVDレコーダーを買った頃から数年間に録画した「男はつらいよ」シリーズや、「チャングムの誓い」など100枚以上あった。
「男はつらいよ」の全シリーズは、wowowで放送されたHDの録画がハードディスクに残っているし、そもそも今時4:3のドラマは見る気になれない。バレーボールの試合も多く残っていたけど、だいたいスポーツものはその時に感動して残しておこうと思っても、後から見たためしがない。
無用の長物となったDVDを捨てるのは、惜しいなどという気持ちもなく、むしろ物が少なくなることに快感を感じるほうだから清々していいのだが、録画して盤面にタイトルを描いてケースに入れて保存した手間があほらしいと感じる。
まあ、こういったメディアは時代のオトシゴだからしようがない。今まで何回も同じような思いをしてきた。カセットしかり、フロッピーディスクしかり、その後の記録ディスクしかり。
音楽カセットは70年代と80年代に自分で編集したものが10本ほどと、それを再生するためのウォークマンを残してある。
でも、もう10年以上聞いたことがないな・・・(笑
b0024261_1635660.jpg

「捨てることからはじまるのさ。オレのR&R!」
カッコよかったな・・・70年代のMasahiro Kuwana・・・
by grid303 | 2012-10-18 16:37 | Others | Comments(0)

731

 今日は日蓮上人の七百三十一回目の命日、昨晩は万灯供養だった。
日蓮宗の檀家であるT沢さんと19時に池上駅で待ち合わせして本門寺参り。
家の仏壇に日蓮上人の木像を飾ってあるのに本門寺のお会式に来たことがないというので、数年前から「そりゃー、1回来なきゃだめでしょ」と焚きつけていて、今年やっと実現したお会式見物だった。
缶ビールを片手に新参道に向かうがとにかくすごい人出で、お山までたどり着くには相当時間がかかると判断し、空席を見つけたホルモン焼きで時間をつぶすことに。
b0024261_13251791.jpg

笛のおねえさんたちが振りまで合わせていた立正佼成会の大行列。
「南無妙法蓮華経」とひたすらお題目を唱え、大きな音で鐘や太鼓を鳴らすのは、「私たちは日蓮宗の信者です」という主張であると同時に、「あなたも唯一正しい教えである法華経を信じなさい」という折伏でもあるわけで、白装束での供養というよりちょっとカッコイイお祭り的な派手さで人々の気を引くのは、理にかなった今風のスタイルなのかも知れないな、と思った。
b0024261_13483626.jpg

21時過ぎに、少しだけ歩きやすくなった参道から加藤清正が寄贈したという九十六段の石段を上って境内へ。本堂裏で屋台のチーズスティックをポリポリ食べながら、T沢さんが本堂で参拝してくるのを待った。
b0024261_13592022.jpg

江戸時代の参道から望む本門寺。
呑川の手前左にある大きな石碑は今も残り、「一天四海回帰妙法」と刻まれている。
世の中のすべての人が法華経に帰依することを目指す日蓮宗は、排他的でエネルギッシュだ。
「念仏無聞、禅天魔、真言亡国、律国賊」
法華経を軽んじて念仏するやつは無限地獄に落ちる、経文を否定する禅は魔王の諸行だ、大日如来を信じる真言は国を滅ぼす、現実逃避の律宗を信じるやつは国を滅ぼす国賊だ・・・
そこまで言えば当然他宗から攻撃される。禅宗を道とした武士からも命を狙われる。
でも、法華経にはその教えを広めようとすれば法難に遭うと書かれているから、法華経は正しいという理屈になり、ますます排他的・攻撃的になる。
「一天四海回帰妙法」が実現するまで日蓮宗はそうしてループし続ける。
う~ん、出口がないな・・・
でも、永遠に続くであろうそのサイクルの中でエネルギッシュに生きることが、法華経信者の喜びなのかもしれない。
題目を唱えればその時点で人は仏となっている、という現世利益の思想は誰が言ったことでも、経文に書かれていることでもなく、自分は菩薩の生まれ変わりだと信じた日蓮がそう言ったから「日蓮宗」なわけで、そういう意味では、ひたすら日蓮を信じる宗教なのだ。唯一の神を信じる一神教にすこぶる近い。
b0024261_15213268.jpg

背中に題目を背負ってお祭り騒ぎをしている若者たちには、是非、宗教と歴史を知ってもらいたい。
こういう話になるとつい長くなるな・・・(笑
by grid303 | 2012-10-13 15:20 | Others | Comments(0)

屋台今事情 

 明日の夜は本門寺の万灯供養。
街は今日からすでにお祭り騒ぎになっていた。
お会式はとにかくたくさんの(もしかしたら日本一かもしれない)露天があっちこっちの道に並ぶので、ソースや醤油が焦げる匂いが立ち込める露店街をフラッと歩いているだけでも楽しめる。
昨今は屋台も国際色豊かになり、インド人が売るナンドックや中東のやつが売るカバブなんていうものもあるが、特筆もので美味いのが、韓国屋台のチャプチェやトッポッギだ。
美味い屋台には行列ができているからすぐにわかる。
チャプチェで一杯やろうと思い、数人が並んでいる屋台で、おねえさんがハサミでチョキチョキやりながら炒め上がるのを待つ。
透明のパックに蓋が閉まらないほど盛り、最後にキムチをたっぷり入れてくれて500円。
キクラゲと野菜がたっぷりのチャプチェを買って家に戻った。
b0024261_211333.jpg

一人で食べるには十分すぎる量で、チャプチェもキムチもやっぱり美味い。

明日は本番だから、露店の数はさらに増える。
一般のスーパーや飲食店がみな店の前をフードコートのようにしてしまうから、池上は駅前からしてすでに巨大な呑み屋になっている状況になる。
明日はなにを食べようかな・・・
行列ができていた「浪速の大だこ」も食べてみたいし、ネパールのやつが焼くタンドリーチキンもいいし、やっぱりトッポッギも捨てがたいし・・・(笑い
お時間のある方は是非、年に一度だけ変貌する池上の街を楽しみに来てください。
by grid303 | 2012-10-11 21:12 | Foods | Comments(0)

グラフィティ

 土曜日は4年に1回行われる高校の同窓会だった。
どうしても外せない仕事があって、9時からの二次会に顔を出した。
行ってよかったと思った。
なんだろうな・・・
学び舎ってやつなのかな・・・
会えて嬉しいと思える人間が多勢いたことを幸せだと感じた。
10代の後半を一緒に過ごしたというリアリティが新鮮だった。
みんな、楽しい時間をありがとう。
2次会の幹事だったKとゆっくり話したいと思い、2時半頃まで武蔵小山の路地の呑み屋で一杯やり、平塚橋でK夫妻と別れた。
深夜の故郷を歩きたくなり、中延までフラッと行ってみる。
いつものごとく、ひとりで一杯締めたいと思い、朝方までやっている串カツ「まる」の前まで行くが、あまりに賑わっているので腰が引け、中延駅方面へフラフラと・・・
結局、中延駅前の「わたみん家」に入り、黒ホッピーを頼んだ。
少しだけ和風を気取った店内の雰囲気に、爆音で騒ぐ若者たちと、それに負けないくらいの音量で流れる50's MUSIC・・・
なんだ? この世界は!
無機質というよりもノンコンセプト。
ジーン・ビンセントやエディ・コクランと2012年のティーンエイジャーが同居している異様な空間。
でも、ホッピーの中を頼みながら、これはこれで面白い空間なんじゃないかと変に納得する。
うるさいヒヨッコたちの声を聞きながら、あの年の頃には自分もよく店で騒いだものだと親しみさえ感じた。
うるさくてもいいよ。今をせいいっぱい楽しめよ・・・
お前たちがこの年になる2040年はどんな時代なんだろうな・・・
やっぱり、ジーン・ビンセントが流れる変な店があるのかな・・・
b0024261_4473312.jpg

by grid303 | 2012-10-07 04:49 | Relax | Comments(0)

エバラのカレーが美味い件について

 先日、近所のスパーへ買い物にいくと豚バラブロックがセール品になっていたので、ポークカレーを作ることにした。ジャワカレー辛口も久しぶりにいいな、ディナーカレーなんてものいいな、ゴールデンカレーなんてのも懐かしいな・・・などとルーを何にしようか迷っていると、「カレーフレーク売上No.1」の文字が目に入り、エバラ食品の「横濱舶来亭カレーフレークBLACK辛口」を手にとった。
(No.1ねえ・・・だけどカレーフレーク自体あまり売ってないし・・・)
まあ、エバラのカレーは初めてだし、とりあえず1度食べてみようかと。
b0024261_18363436.jpg

これが美味かった!
コクがあって、ちょっとした洋食屋のカレーにも負けない味。
市販のルーを使う時はオススメの一品。
でも、これはけっこう辛いので、次回は「こだわりの中辛」にしてみようかなっと。
by grid303 | 2012-10-05 18:45 | Foods | Comments(0)

鱗雲

土曜日は先月他界した叔父のお別れ会だった。
月島の蕎麦屋に親戚連中が集まり、元気だった頃の叔父の写真を見ながら思い出話に花を咲かせた。
自分は明日の朝心臓が止まっていてもおかしくないといつも思っているので、もう「死」を恐れる気持ちはまったくないのだが、残った人間に辛い思いをさせたくないな、という気持ちはある。
まあ、無理だなぁ。このぶんじゃ・・・(笑
世話になった人たちに迷惑をかけっぱなしで逝くのかな。
なんとかしたいな・・・

秋雲や
影と味わう
蕎麦湯かな
b0024261_2133971.jpg

従兄弟のYちゃん、このブログを見てくれたそうで嬉しかったです。
今度、仕事帰りにでも中延で一杯やりましょうよ。
by grid303 | 2012-10-01 21:16 | Others | Comments(0)


http://www.geocities.jp/grid303


by grid303

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

この島の猫は「世界猫歩き..
by grid303 at 12:58
NHK ダーウィンが来た..
by okusan at 10:40
返事ありがとうございまし..
by logic@サプライズ家庭教師 at 18:20
まとめ記事を拝見しました..
by grid303 at 14:11
初めまして! 「壇蜜 ..
by logic@サプライズ家庭教師 at 21:31
ニュースで見た! テレ..
by grid303 at 13:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

全体
Drama
Sports
Foods
Music
Relax
Others
Works
Cycling
Motorcycle

ライフログ


SUMMER HOLIDAY


Tear-Drops Calendar


ひとかけらの夏


GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ


Havana Moon


トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション


マッハ Go Go Go ミュージックファイル Round-2


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)


Ring-a-Bell


Wish You Were Here


The Dark Side of the Moon


はらいそ


MOONLIGHT ISLAND


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ‾ベスト・ヒッツ・ライヴ デラックスエディション


Beatles for Sale


シャルメーヌ~ザ・ベリー・ベスト・オブ・マントヴァーニ


Bad Company


モンドダイヤ


ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック


GAME


First Message


ピュンピュン丸 コンプリートDVD


Getting Ready...


ぜんまいざむらいのうた


Start Over


Perfect Crime


1st flight(CCCD)


トラトラトラ!


次郎長放浪記


FOLK SONGS


キネマの天地


男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け


DREAM PRICE 1000 南沙織 17才


The Stranger


チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック


フランシス・レイ


ローズマリーDVD-BOX 1


LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)


アストロ球団 (第1巻)


全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」


天国の階段 オリジナルサウンドトラック


サインはV 1ST SET


BRAND-NEW MOTOR WORKS


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX


North Wind

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東京

画像一覧