<   2005年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「もはやこれまで・・・」

 本田美奈子の急逝はショッキングなニュースだった。
今年の年頭に病状が発覚し、治療にはいることが伝えられた時は、なんとか
頑張って早くステージに復帰してほしいと心から願っていた。
5年ほど前に、義理の弟が同類の病気で長期の入院生活を送ったことがあり、
闘病の大変さを知っていたので、時折、治療は順調にすすんでいるのだろう
か…、頑張れ…頑張れ…、と心配をしていた。

弟は見事に戦い抜き、現在は社会復帰をしているが、闘病生活の厳しさは
言葉には現せないほどだった。
無菌室に見舞いに行った時は、はたして自分だったらこの環境に耐えることが
できるのだろうかと、目の前の現実に圧倒され、笑顔を作りながらも心から
(頑張れよ!)と願うことしかできなかった。
入院してすぐに本人と家族を集めて医師が病状説明をした。
現代医療の現場では、決して不治の病ではないことをわかりやすく説明し、
「全員で戦い抜きましょう」という主旨の、作戦会議というか決起集会のような
ブリーフィングだった。
いいやりかただなと思った。参加者全員が頑張ろうという気になる。
この連帯感は患者にとってなによりのチカラとなるはずだ。

彼女も数ヶ月間の闘病の後には必ず復帰するものと思っていたのに、
かなわなかった。
非常に希少で難しい病状だったようだ。
葬儀の模様は涙にあふれ、見ているのが辛くなるくらい悲しい映像だった。
87年に発売された「OVERSEA」というアルバムが好きでよく聴いた。
全編つたない英語だが、新境地を開いた一枚で、今でもたまに聴きたくなる
曲が数曲ある。
最近のCDを見ると、サラ・ブライトマンに傾倒していたのだなと想像できる。
あくまでもステージから生まれるエンタテイメント。ライブが生きがい。
日本人のヴォーカリストとしては希少な位置にいたのに残念だ。
本当に可愛そうだと思う。
でも、十代からの彼女の人生を振り返るVTRを見ていると、しっかり生き
抜いた感じがする。
「志中半で…」と言われているが、立派に華を咲かせた人生じゃないだろうか。
それにしても、遺作が「AMAZING GRACE」だなんて、美しい運命……。

合掌。

同日、福井で起こった老夫婦の心中事件は、まったく違う角度から「人生」
というものを考えさせられた。
30年も使われていない火葬場でみつかった、まだ熱が残る二体の白骨死体。
そばにはエンジンのかかったままのクルマが放置され、クラシックミュージック
が大音量で流れていた……。
推理小説の冒頭にでもでてきそうなミステリアスな報道だった。
車内から、ガソリンの伝票の裏に書かれたメモが見つかる。
そして役所に郵送されていた遺書。
子供も親類もなく、二人きりで暮していた80才の男と82才の女。
妻は認知症に犯されており、
夫はつきっきりの介護に明け暮れていたらしい。
「もはやこれまで……」
最期はそういう心境だったのじゃないかと思った。
男は誰にも迷惑をかけずに幕を閉じる方法を考えぬいたに違いない。
二人で炉に入り、中から扉を閉じて点火したらしい。
どうしようもない絶望。
やりきれないまでの痛ましさ。
あの2chでさえ、めずらしく暖かい言葉が並んでいた。

批評をおそれずに言うと、一連の報道を見て強く感じたのは、侍に通じる潔さ
だった。
どうしようもなく痛ましく悲しい事件であるが、自ら幕を閉じる方法としては
完璧なシナリオだ。
灰になるところまでセルフプロデュースするなんて……。
しかも火葬場の炉の中という完璧なロケーションで。
クルマのエンジンをかけたままにしておき、あまり時間がたたないうちに
発見され、自殺だとわからせ、事件性を否定する痕跡など、細部まで気遣い
が行き届いている。
絶望からの脱出は成功ですよと言ってあげたい気がする。
どうぞ安らかにお眠りください。

財産も貯蓄もあったようだから、生きる選択はできたはずだという見方も
あるだろうし、近隣や行政はなんとか事前に手をうてなかったのだろうかという
見方もあるだろう。
しかし、この男は自ら幕を引くことによってのみ、夫婦の人生を完全なものに
できたんじゃないだろうか。
心意気が潔い。真剣に生きていたことが偲ばれる。

生きようとして一縷の望みにかけ、病魔と戦い続けたが、かなわなかった命と、
最期まで意志をもって自ら燃え尽きた命。
コントラストが強すぎて対比ができない。
しかし、2人(3人)とも見事な人生だと思う。
あと、50年もすれば、自分もまわりの人間もほとんどみんな生きていない
わけで、少し早いか遅いかだけの違いで、確実にみんなお陀仏になる。
そう考えると、たかだか数十年の間の話なのだが、だからこそ人生というもの
はありがたい。
感動したい。楽しみたい。感謝したい。

男が最期にカーステレオで流していたクラシックミュージックとはなんのだろう
か。知りたい。



b0024261_1482740.jpg

by grid303 | 2005-11-10 16:09 | Others | Comments(0)


http://www.geocities.jp/grid303


by grid303

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新のコメント

ニュースで見た! テレ..
by grid303 at 13:39
こないだ 池上線フリー乗..
by okusan at 10:49
秋の色だよねぇ。 メシ..
by grid303 at 10:43
いいですね 信州 空の..
by KねこまみれK at 09:17
いや、むしろ歌舞伎か?
by grid303 at 13:34
にゃあ
by KねこまみれK at 17:47

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
Drama
Sports
Foods
Music
Relax
Others
Works
Cycling
Motorcycle

ライフログ


SUMMER HOLIDAY


Tear-Drops Calendar


ひとかけらの夏


GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ


Havana Moon


トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション


マッハ Go Go Go ミュージックファイル Round-2


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)


Ring-a-Bell


Wish You Were Here


The Dark Side of the Moon


はらいそ


MOONLIGHT ISLAND


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ‾ベスト・ヒッツ・ライヴ デラックスエディション


Beatles for Sale


シャルメーヌ~ザ・ベリー・ベスト・オブ・マントヴァーニ


Bad Company


モンドダイヤ


ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック


GAME


First Message


ピュンピュン丸 コンプリートDVD


Getting Ready...


ぜんまいざむらいのうた


Start Over


Perfect Crime


1st flight(CCCD)


トラトラトラ!


次郎長放浪記


FOLK SONGS


キネマの天地


男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け


DREAM PRICE 1000 南沙織 17才


The Stranger


チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック


フランシス・レイ


ローズマリーDVD-BOX 1


LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)


アストロ球団 (第1巻)


全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」


天国の階段 オリジナルサウンドトラック


サインはV 1ST SET


BRAND-NEW MOTOR WORKS


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX


North Wind

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東京

画像一覧