<   2005年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2005WGP

 全日本女子バレーチームが約1年ぶりにブラウン管(古い!)に帰ってきた。
今回はじっくり3年をかけてオリンピックチームを作るということなので、その第一歩となるチーム
はどんなメンバーになるのか楽しみにしていた。
昨年までのスタープレーヤーだった栗原恵、大山加奈、木村沙織という3人が欠場するという
ことを聞いた時は、大丈夫なのだろうかと心配したが、苦肉の策にもかかわらず面白いチーム
になっていた。ハラハラドキドキのいい試合をたくさん見せてくれた。

今大会は菅山かおると吉澤智恵という2人のスターを生み出した。
この2人のレフトアタッカーは揃って身長の低さをカバーするだけの素晴しいテクニックを持って
いて、菅山の滞空時間の長い軽業的なスパイクや、吉澤のスナップをきかせた変化球スパイク
は日本中を興奮させてくれた。共にコートにいる時が一番輝いている2人のビューティーだ。
昨年までぎりぎりで代表からもれて悔しい思いをしてきた宝来眞紀子は、その身長を活かした
ブロックを見せて成長ぶりをアピールしたし、ベテランリベロの桜井も根性の入ったレシーブを
何度も見せてくれた。
前回からの代表メンバーである、竹下、高橋、大友、杉山の4人は、それぞれのポジションと
関係を活かした新しいコンビバレーを披露し、一皮むけた日本チームを印象づけた。

でも勝てないんだな。
本当におしいんだなあ・・・。これが。
特に決勝リーグのブラジル戦、キューバ戦は勝っている試合を最後の最後に残念なミスで
おとしている。
最終戦の中国にも五分の戦いをしている。セット的にはストレート負けでも23点、22点、23点
と一歩も引かずに戦い続け、最後の最後に弱さがでてしまった感がある。
昨年のオリンピックでの試合のように、最後まで自分達のスタイルに持ち込むことができず、
ほとんどなにもしないままストレート負け、というゲームはイタリア戦ともうひとつふたつで、後は
すべて勝っていてもおかしくない流れがあった。

バレーボールほど「流れ」が勝敗を左右するスポーツも珍しいと思う。
ちょっと見失うと一気に連続ポイントをとられてしまうし、何かのきっかけで空気が変わり流れに
乗ると簡単に5~6ポイント得点したりする。
コートが分かれていて、両チームの選手が混ざらないから、チーム内のコミュニケーションや
空気といったものが大きく影響する。
そういう面では、監督や竹下、桜井らの空気作りが成功し、声もよくでていたように思う。
最後の一歩に足りないものは結局個人個人の精神的な強さということになるのかもしれない。
後半、大友に不調の兆しが見え、うそのようにサーブが決まらなくなり、スランプやプレッシャー
の見本のような状態に陥っていた。見ていてかわいそうになるくらいにハマリ込んでいたが、
監督もチームのメンバーたちも、そこから立ち直るためには自らが一歩踏み込む以外に方法が
ないということがわかっているから、大友に打たせてフォローに努める。
竹下というセッターはミスをした選手に続けてトスを上げることが多いのだが、いかに短時間に
気持ちの切り替えをさせて流れを変えるか、ということにかけては世界一かもしれない。
スポーツに限らず世界レベルで争うものに参加する人間は、こういう壁を乗りこえてさらに一歩
踏み込むことができなければ生き残っていけない世界にいるわけだから、プレッシャーも半端
じゃないはずだ。だからこそがんばっている姿が多くの人間に感動を与える。

12人の選手がいれば12通りの壁があり、全員がそれを乗り越えなければ勝っていけない。
人間には好調、不調の波は必ずあるから、全員が好調のまま何年も勝ち続けるチームなんて
まずない。
好調の波をつかんだらいかに持続するか、いかに不調から早く脱するかというテクニックを持つ
チームが勝ちに近づくことになる。
バレーボールはそこが如実に見えるところが面白い。
日本女子チームは「後一歩の強さ」を手に入れたら必ずメダルをとれるチームになると思う。
この短期間でのチーム作りでもそこまではきていたような気がする。

平均身長が180以上あるのが当たり前の女子バレー界において、身長差をカバーすることが
テーマになると、まず守備を固めるという発想になるから、どうしても「つないでつないで」という
守り先行の試合運びになりがちだ。
高橋が得点ランキングの首位になったことは、素晴しい、と言うよりスゴイ!
世界中からマークされ、きっちりブロックにつかれている中での得点王だ。ブロックを自在に
利用するボール捌きは本当にうまい。世界一だ。心からおめでとうと言ってあげたい。
しかし、裏をかえせば他の選手が得点できてないということになる。
大山加奈のようにオープン攻撃からパワーで打ち込むというタイプの選手がいないのは、過去
の日本女子チームでは普通のことだったが、世界の状況から言えば勝つためには必要な人材
なのだ。ここ一番の必殺技がなかったためにおとしたセットは多い。

3年後のオリンピックでは、おそらく日本も平均身長185以上のチームになっていることと思う。
大友、杉山に加え、大山加奈、栗原恵、横山友美佳、荒木絵里香、狩野舞子といったアタッカー
陣と木村沙織のセッターが実現すれば、平均身長は185アップする。
たしかに身長だけがすべてではないが、「高さ」は大きなアドバンテージであることに違いない。
そうなるとやっとメダルが見えてくる。
そんなでっかい日本チームを早く見てみたい。


日本女子チームのみなさん、本当に楽しい一月間をどうもありがとう。
世界にあっても魅力的ないいチームでした。しつこいけど、おしいゲームが多かった。
次は11月の世界選手権ということになりますか。
楽しみにしています。

ヘルニアのリハビリ中の大山加奈さん、世界は君を待っています。ガンバレ。

b0024261_14354934.jpg

by grid303 | 2005-07-19 01:41 | Sports | Comments(0)

靖国問題

 一昨日、TVタックルで「日本人と靖国神社」というタイトルの討論会を放映していた。
小泉さんの靖国公式参拝が焦点になっているのだが、「政教分離」から「極東軍事裁判」まで
浅く広く言い合いをする番組になっていた。
TVなので、カットされている討論も多いこととは思うが、すべてのタイトルの根本にある「日本人
とは何なのか?」という話題に誰も触れなかったことが残念だった。

「悪いのは大日本帝国であり、日本人ではない。」という言い回しは、まったく焦点がずれている
と思うが、国のために死んでいった多くの命を弔うことがなぜ問題となるのか・・・。
いわゆるA級戦犯が祀られているから?
そもそも「A級戦犯」などという言葉は日本人が自ら発する言葉ではないはずだ。
戦勝国が弁護もない状況で一方的に負けた国を裁いた「裁判」とは言えない法廷において、
勝った側の理論で犯罪とされるものを分類したものだ。classA、B、C、ということである。
エコノミークラスやビジネスクラスをエコノミー級とかビジネス級などとは訳さない。
いくらサンフランシスコ講和条約でこの裁判の判決を受諾することを決定されたとはいえ、当時の
敵国から押し付けられた基準を、さも増長するような表現で世間にさらし、卑屈で間違ったイメージ
を植えつけるマスコミの存在は許せない。教科書問題よりもたちが悪い。
だいたい、裁判であるならば、刑を執行された人間に対してさらに罪を認めろというような話は
おかしい。刑を執行され、死んだ人間の霊を祀ることがなぜいけないのだろう。

靖国神社の見解には問題がないとは言えない。
明治2年に戊辰戦争の戦没者を祀っていらい、2644000柱の戦没者が御霊として祀られて
いる「靖国」は戦後の政教分離によって民間宗教団体となったことから、神社としての見解を
何度か発表している。特に関連諸国から見ると問題視する内容のものもある。
しかし、靖国は神社という名称はあっても、他の神社とは違うのだ。
戦没者を祀る唯一の社に二度と戦争は繰り返さないという反省と誓いをこめて、総理大臣が参拝
することに関して外国からとやかく言われるものではないと思うのだが。

戦争責任の問題を言及すると、日本国内でも常に見解が多様化する。
「誰かが責任をとらなければいけない・・・」と発言した国会議員がいたが、その通りだとは思う。
しかし、極東軍事裁判で死刑判決を受けた7人と終身刑の判決を受けた16人の日本人の責任
とすることで終わる話ではないはずだ。また、国家の責任と定義するのであれば天皇の存在と
はどういうもであったのかということをはっきりさせなければいけないはずだ。

大日本帝国を作ったのも日本人であるし、皇国史観のもとに中国とアメリカを同時に敵国とする
無謀な戦争に突入していったのも間違いなく日本人だ。この流れをさかのぼると話はまず明治
維新ということになる。
700年近く続いた武家社会を近代国家に導くために必要だったものが日本国民の統一観念で
あり、それは何が一番いいのかというと古来息づいてきた宗教感を利用することだったわけだ。
神道的概念と天皇という存在を無理矢理再構築したのが、明治維新政府だ。
天皇家の歴史をさかのぼると、後醍醐天皇のように自ら国政の主導権をもっていた(持とうとし
た)天皇は例外と言ってよく、実は現代と同じく象徴的な存在であり続けたことは間違いないと
思う。だから武家政治の時代にあってもなくならなかったのだ。なにかのときには担ぎ上げる。
それでは、伊藤博文や大久保利通に根本的な責任があるのだろうか・・・。

結局、いくらさかのぼっても責任の所在がはっきりしないのだ。
それが日本という国において、物事が決まり進んできたスタイルなのだ。
ここにこそ注目しなければいけない。
わざわざ時間を使って結論を曖昧にして終わらせる会議や、多数決を嫌い、全員が納得する
まで話し合いを続けようとする習性は外国人には理解できない。
こいつらは時間を無駄にして一体何をしているんだ?と思われる。

日本人が一番大切にしようとする「和」という概念には、独裁、暴走を抑えると同時にお互いに
遺恨を残さないようにするという大きな目的がある。
聖徳太子が十七条憲法でまず最初に「一曰。以和為貴。」という条文を掲げたことを見ても、
さらに時代をさかのぼってこの国に「和」という概念が息づいていたことがわかる。
古代から現代に至るまで貫かれている「和」という概念、これは国民性というよりも、ひとつの
宗教的観念であるといえる。日本人の宗教的観念のベースになっていると言ったほうがいいかも
知れない。
すべての外来文化はこのベースにミックスされるから、仏教しかり、儒教しかり、民主主義しかり、
オリジナルとは違う、独特の文化が生まれることになる。
曖昧にすることで解釈の幅を持たせ、一人でも多くの人間が賛同できるようなものにして、あくま
でも全員の意思で決定しという形態をとりたがる。
言いかえれば、全員の意思という建前に重きをおく。
多くの人間は好んで他人から恨まれたいとは思わないはずだが、日本人は突出してこの傾向が
強い民族なのだ。
解釈と称して単なる言葉の置き換えや、自らが遺恨を水に流すことで、物事を強引に丸くおさめ
て前進するスタイルを守り続けてきた民族なのである。

前進という意味では良い面も多くあるが、独裁を防ぐためのシステムが一旦独裁体制に利用され
ると、その隠れ蓑となり責任の所在が曖昧になるという大変危険な面もある。
軍部の暴走を阻止できなかったのは、御前会議という隠れ蓑の中で曖昧なまま独裁が進んだ
結果である。天皇の勅旨という建前を手に入れれば堂々と敵の首をはねることができた歴史の
延長線にある国民性だ。
これは日本人にとっての現実なのだから、良いか悪いかという問題ではない。
日本の歴史を把握し、なぜ、今、自分たちはこう考えるのかという原因を知ることが、次の一歩を
踏み出す指標になるはずだ。

すでに勝敗が見えている戦争で原爆という大量破壊兵器を使用し、たった2発の爆弾で20万人
以上の一般市民を殺害したアメリカという国に対しても、遺恨は水に流し、自分たちが悪かった
のだからと強引に納得して前進する道を選んできた日本人。
立ち直りが早いというのは当たり前の話だ。
しかし、もう、この論理は日本独自のもので外国には通用しないということを一般教養として根付
かせなければいけない時だ。中国に対しても朝鮮半島の人たちに対してもまったく理解されない。
顔や着ているものは似ていてもまったく違う宗教観や思考回路をもっている人間なのだということ
を認めるべきだ。「和」は日本以外では通用しない。
そういう外国に乗り込んでいって皇国史観をもとにした教育を行ったという行為は恐ろしい。
「侵略」以外のなにものでもないと思うし、国家としての反省も謝罪も必要なことであったと思う。

しかし、今、日本人はこう考える、日本にはこういう宗教観がある、ということを対外的に提示する
ことはそれとは別の問題であり、国家としてこだわりを持っていいことではないだろうか。
遺恨を残して死んでいったものほど手厚く祀って霊を沈めるという神道的行為は普通に行われて
きたことであるし、そもそも死者を恨むという発想がないのだ。
神社という場所も外国人に説明するのは難しいことだが、問題はいったい何割の日本人がその
説明をすることができるのかということだ。
寺院にある墓ではないのだ。だいたい仏教の根本理論でいえば、生き物は六道を輪廻するの
だから、「霊」などという存在がないはずだ。だから墓は祀らないし、寺では鎮魂や慰霊は行わ
ない。この違いすら理解を得るのに時間がかかるだろう。
墓参りではなく、慰霊碑に顕花するのとも違う。

日本を知ってもらうためには、まず日本人が日本を知らなければいけない。
アイデンティティーなどという、日本語に訳せない言葉を使うつもりはない。
教育改革を始めて20年後に実現するような話かも知れないが、「まず日本を知ろうよ。日本人
を知ろうよ。」と言いたいだけなのだ。
by grid303 | 2005-07-13 19:57 | Others | Comments(1)


http://www.geocities.jp/grid303


by grid303

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

この島の猫は「世界猫歩き..
by grid303 at 12:58
NHK ダーウィンが来た..
by okusan at 10:40
返事ありがとうございまし..
by logic@サプライズ家庭教師 at 18:20
まとめ記事を拝見しました..
by grid303 at 14:11
初めまして! 「壇蜜 ..
by logic@サプライズ家庭教師 at 21:31
ニュースで見た! テレ..
by grid303 at 13:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

全体
Drama
Sports
Foods
Music
Relax
Others
Works
Cycling
Motorcycle

ライフログ


SUMMER HOLIDAY


Tear-Drops Calendar


ひとかけらの夏


GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ


Havana Moon


トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション


マッハ Go Go Go ミュージックファイル Round-2


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)


Ring-a-Bell


Wish You Were Here


The Dark Side of the Moon


はらいそ


MOONLIGHT ISLAND


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ‾ベスト・ヒッツ・ライヴ デラックスエディション


Beatles for Sale


シャルメーヌ~ザ・ベリー・ベスト・オブ・マントヴァーニ


Bad Company


モンドダイヤ


ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック


GAME


First Message


ピュンピュン丸 コンプリートDVD


Getting Ready...


ぜんまいざむらいのうた


Start Over


Perfect Crime


1st flight(CCCD)


トラトラトラ!


次郎長放浪記


FOLK SONGS


キネマの天地


男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け


DREAM PRICE 1000 南沙織 17才


The Stranger


チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック


フランシス・レイ


ローズマリーDVD-BOX 1


LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)


アストロ球団 (第1巻)


全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」


天国の階段 オリジナルサウンドトラック


サインはV 1ST SET


BRAND-NEW MOTOR WORKS


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX


North Wind

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東京

画像一覧