カテゴリ:Music( 75 )

中華BLUE

昨日は、金沢八景で取材の仕事。
先週はバイクで行ったのだが、雨になったので久しぶりの京浜急行。
やっぱハエーな。飛ばすな京急は。

中華のブルートゥースイヤホンを始めて使ってみた。
b0024261_12354071.jpg
今まで充電が面倒でワイヤードのイヤホンを使っていたのだけど、1~2時間の充電で6~8時間使えて、待機時間は10日を超えるっていうから、買ってみた。
2000円で、耳タブ当ては6セット、イヤーパッドは3セットも付いていて、マイクロUSBの充電用ケーブルと専用ケースまで付属する。
こういうタイプはイヤーパッドが音質をなかり左右するので、自分の耳にピッタリはまるものが大事だ。

ごーかーく。
使用感も音質も快適。
コントロール部にマイクも内蔵されているので、そのまま通話もOK。
中華イヤホンは超ド級のコスパに感激していたから、いい線いくんじゃないかと思ってはいたけど、これは◎。
バイクで充電もできるし、乗ったまま通話も可能になる。
バイクで使用するときは、あまり密閉しないパッドに換えたほうがいいかもね。
b0024261_12354136.jpg
行きは横浜で京急に乗り換えたのだが、帰りはいい時間になっていたので、京急蒲田で下りて軽ーく一杯呑んで帰ろうと思った。
イカンイカン!
今日から駐車場の猫たちに夕食をあげる役目だったことを思い出して、横浜で乗り換えて急いで帰った。
雨の中で3匹は待っていた。

今日はだいぶ歩いたな・・・。
おそらく歩く時の振動で腸が動いたのだと思うが、3時過ぎに腹が痛くて目が覚めた。
(この痛みがひどくなるようだったら、このまま手術か?)
位置がへんなことになっているのかもしれないと思い、寝るときは外しているベルトを着けて、いつもと逆の、左を下にして寝ていたら、すこしずつ楽になっていった。
朝には痛みもだいぶ治まっていたので、たぶんセーフ。(笑

シューズのソールを衝撃吸収タイプに換えなきゃだめだな。







by grid303 | 2017-10-14 13:02 | Music | Comments(0)

たこなぐり

ヤバイ。

先の記事で「らてーん」と書いたら、蛸殴総本山が頭から離れなくなってしまった。
ヴォーカルのグラハム井上は、いつもレザーではなくて黒いビニールのベストを着て、胸や背中に白いガムテープで「ラテン」とか「ドクロ」という文字を貼っていた。
誰に聞いても意味は不明。

だいたいからして、バンド名の「蛸殴総本山」というもの意味不明だ。
このバンドを紹介してくれたTさんは、このバンドの物販Tシャツを着ていて、八百屋のおじさんに、「お兄さん、それ宗教?」と聞かれたそうだ。

そう言われてみれば、宗教に近いかもしれないな。(笑

「ラーメンバカ一代」にPVがあったなんて全然覚えていなかった。(笑
関西チープメタルの帝王と名乗っていただけあって、PVも素晴らしいチープ感を押し出している。

なつかしいな・・・。
再結成しないかな。


by grid303 | 2017-07-27 20:50 | Music | Comments(0)

TPMB

「やすらぎの郷」を見ていると、まだ野際陽子さんが出演して明るい笑顔を見せてくれて、亡くなったというリアリティがぜんぜんない。
卓越した役者さんがもっている存在感のエネルギーはすごいものだと思う。

土曜の夜は「巨人の星」と「8時だよ!全員集合」と「キイハンター」が楽しみだった。
オリジナルもいいんだけど、東京パノラママンボボーイズのこのバージジョンは秀逸だと思った。
体が動いてしまう。らてーん。
このアルバム、出たときに買ったんだけど行方不明。
いいなあ。東京パノラママンボボーイズ。(笑
パラダイス山本、ゴンザレス鈴木、コモエスタ八重樫、サイコー。

このミス・キャバレッタとの共演もいいですぞ。
またイベントの制作などする機会があったら、ブッキングしてみたいな。
このパッケージ(笑
場を選ぶけど。
う~ん、ステージやライティングを作り込んでみたい。(笑

キイハンターの野際陽子さんは綺麗でカッコよかったんだけど、小学生のオレは大川栄子さんが好きだった。
b0024261_20175538.jpg
ちなみに「プレイガール」はマチコさんね。ナンバー2のマチコネエ。
b0024261_20252563.jpg
Oh! びゅーちふる。



by grid303 | 2017-07-27 20:28 | Music | Comments(0)

0.1wの特訓

10日ほど練習したら指先のシビレもとれてきて、やっと少し硬くなった。

VOXの"MINI5"というアンプが大ヒット。
b0024261_18070176.jpg
小さいけども、オマケがいっぱいついている。
b0024261_18070036.jpg
一番うれしいのは、出力が0.1w、1w、5wの三段階に切り替えられるところ。
今どき部屋の中で音を出すことを考えると、01.wでも大きすぎるくらいだ。
真空管アンプのシミュレーターが優秀で、AC30なんてシビレルひずみ方で雰囲気を出している。
コーラス、フランジャー、トレモロのビブラート系と、アナログエコー、テープエコー、リバーブ、ルームエコーの残響系という2つのエフェクターも付いているし、リズムボックスまで付いてるんだから、言うことなし。
これで1万円しないんだから、まったく文句なし。
自分にたりぴつ。ちりばつ。
電池でも鳴らせるので、ストリートやってる子たちには強い味方だろうな。

今日もCAROL特訓やるざんすよ。
だいぶ弾けるように戻ってきたざんす。


UQ mobile にナンバーポータビリティを申し込んだ。
ツーカー、KDD時代からそのまま使ってきたauだけど、なにかほかのサービスと併用しなければもはや高いだけ。
次の2年縛り終了まで1年あったけど、違約金を払っても2~3カ月で元がとれてしまうので、思い立ったが吉日。

いいねえ。
この三姉妹。
あっ、運動神経抜群のガチャピンも好きだけど。(笑
b0024261_18070187.jpg












by grid303 | 2017-04-08 18:27 | Music | Comments(0)

エレキ

土曜日、石川台のギターショップで4980円の赤い中古テレキャスターを見かけて動揺。

土曜日は千葉に走りに行く予定にしてたのだが仕事をすることにしており、さらに夜は一杯飲みに行く予定だったのだが、「飲みにいったつもりになれば買えちゃうじゃん、これ」という気持ちになった。
一旦帰宅してから欲しくなって再びその店へ行く。

「すいませ~ん、このテレキャスター見せてくれますか?」
「は~い」
奥からおにんさんが出てきて壁からギターを下したのだが、自分でアンプにつないで弾いていて、ぜんぜん見せてくれない。
そのうち、ナット(ヘッド側の弦を載せているパーツ)にヒビが入っているのを発見。
「ねえ、このナット、割れてるんじゃないの?」
おにいさん、「あれ、割れてますね。いままで割れてなかったのに」と言って、ギターを奥へもっていってなにか作業をしているようで、全然出てこない。
「考えま~す」と言って店を出た。

なんだかとっても消化不良みたいな気分になり、家に戻ってそのギターを新品でオーダーした。
PLAYTECHというSOUND HOUSEブランドのテレキャスターモデルで、新品でも消費税・送料込みで7500円。
コスパが話題の激安ギターだ。
今日、届いた。
b0024261_18173028.jpg

b0024261_18173121.jpg

ウキウキしながら箱を空けてギターを出すと、フロントピックアップのカバーがボツボツとへこんでいる。
ハズレをひいたかな・・・
さすがのチャイナクオリティ。
b0024261_18173095.jpg

サウンドハウスに電話をして写真を送ると、ギターを送り返せば対応してくれると言われた。
ギターは自分でいじれるから、ピックアップだけ送ってくれないかと言ったのだが、それはできないと言う。
「じゃあ、これでいいや」ってことにした。
すぐに弾きたいのよね。
まあ、消費税と送料引いたら実質6000円くらいのものだから、ま、いいか。
b0024261_18173084.jpg
オクターブと弦高を調整すると、ちゃんと鳴るようになった。
最初から6wayブリッジがついていて、しかも弦はボディを通すようになっている。
昔の安物テレは、ボディに穴が開いていなくてブリッジの後ろから弦を通すスタイルが主流だったのだから、おどろきのクオリティだ。
ボディはホワイトウッドという聞いたことがない木材だけど、ダークブルーがいい色。
メイプルネックもローズウッド指板も、もちろん高級感はないがちゃんとしている。
ちゃんとチューニングできて、ちゃんと弾ける。
逆の意味でおどろきのチャイナクオリティ。
6000円のエレキギターなんて・・・、昔はディスカウントショップに吊るしてあったラワン材で作ったようなギターだってもっとした。

チューニングがてら『テキーラムーン』のアルバムで合わせ、キャロルのオリジナルベストで弾いてみる。
指がぁ・・・動かないぃ・・・。(笑
このところ、毎日のキーボード仕事で左手の親指の付け根がイタイタだし、手首がすごーく硬くなっている。
れんしゅう、れんしゅう、またれんしゅう。

実は明日ね、アンプが届くんですよ。
ええ、VOXのアンプが。
これは高かったぜー。

9600円。(笑
あと2回呑みに行ったつもりになったわけです。
こういう計算をする人間はお金持ちにはなれません。

果たしてちゃんと音がでるでしょうか。




by grid303 | 2017-03-28 18:38 | Music | Comments(0)

Legeod of R&R

チャック・ベリーが90年の人生に幕を下ろした。

1980年代の終盤、MZA有明で大ホールのチーフやっていたときに、ベン・E・キングと同じ日に来場した。
ベン・E ・キングのリハーサルが終わっても、チャック・ベリーは楽屋に入らない。

当日はKYODOの仕切りだったと思うが、どうするのかなと思っていたら、楽屋入りしないまま、なんと開場してしまった。
チャック・ベリーはリハなしのぶっつけ本番ということになったのだ。

ところが、60分間の客入れ時間を半分くらい過ぎたころに楽屋入りしたチャック・ベリーは、客席内にいる客を一旦ロビーに出してリハをやると言いだした!
しかも、レストランから運ばせた食事を済ませてからだと言う。
ケアを担当していたKYODOの有名な年配女性が、「彼は冷たいスープしか飲まないから替えてちょーだい!」とホールオフィスに怒鳴り込む。
MZAというところはレストランもクラブもあったから、そんな急なオーダーにもしっかり応えられるホールだった。
食事を済ませたチャック・ベリーは、、そこからたっぷり30~40分のリハーサルを行ったのだった。
おそらく曲順など決まっていなくて、若いバンドメンバーはチャック・ベリーのギターや、ちょっとしたフリで次の曲を知る。

90年代になって、ジェームス・ブラウン日本ツアー(といっても東京と大阪の2本)の受け入れ側ステージディレクターをやったときも同じだった。
曲順は決まっていなくて、JBの手の動きや顔色を見てバンドメンバーは次の曲を判断していた。
こっちのGODも、さすがの存在感だった。
1本目の大阪城野外ホールは、デトロイトの空港が雪で飛行機が離陸できないという理由で、やはり大幅に遅れて会場入りした。
JBの楽屋には、昔の美容院にあったような、スタンド付きで上からすっぽりかぶるドライヤーが必需品だった。
リハのときはぺったりした小さい頭なのだが、本番はそのドライヤーでフワッと膨らませるだ。
舞台袖で一緒に出のタイミングを待っていると、よぼよぼの爺さんがうしろにいるので、また関係者がここで見るのかなと思っていたら、JBのマントを受取にいく執事の人だった。
彼はそのためだけに、JBのステージの一員となっているのだ。

おっと、つい話がそれてしまった。
もうひとりのGODに話を戻そう・・・

当日、大ホールのフロアはスタンディングになっていたはずで、ようするに客は前の方から場所取りをしていたのだから、「これからリハーサルをやるので一旦ロビーに出てください」というアナウンスにブーブーである。
リハーサルを終えて客を入れ直し、先の出番であるベン・E・キングのステージが始まったのは、予定の開演時間を45分ほど過ぎたころだったろうか・・・。

1時間のステージが終わっていよいよGODの出番。

リハーサルでGODが出した照明のオーダーもすごかった。
まぶしいから(白内障を患っていたらしい)前からの照明はなし。
緑は不吉な色だからダメ。
アンバーは肌が汚く見えるからなし。
照明マンが使えるのは、上と横からの生(色なし)か青赤くらいのものだった。

だからよく見えない。
ちゃんと見たかったのでホールオフィスを後輩に任せて、フロアの前方まで体をねじり込ませて行ったのだが、それでも表情はよく見えなくて白目と歯だけがくっきり光っている。
異様。
「よく見えねーゾ!!」
という怒号もでているのだが、GODのオーダーなのだから仕方がない。

ジョニーBグッド
ロールオーバーベートーベン

GODはES-335の弦をほとんど叩くように弾いている。
弦が切れても関係ない。
終わるころ、335には3本の弦しか残っていなかった。
曲順だけじゃなくて、始まり方も終わり方もすべてGODがその場の空気で瞬間的に決める。
サウンドを支えているバンドは一瞬たりともGODから目を離せないから、ステージ上に流れている空気がわかる目で見ているとすごい緊張感だった。

破天荒とかマイペースとか、そういう言葉では表せない。
スケールがぜんぜん足りない。
GOD of R&R
たそれだけを見るために集まった客だった。
ホールを出ていく1500人の人たちは、みな上ずっているのがわかった。

GOD、GREATな夜をありがとうございました。
b0024261_21260488.jpg







by grid303 | 2017-03-21 21:35 | Music | Comments(0)

voice

ずっとやってきた仕事がら、好きな歌声というものがある。
というよりも、声に魅力がなければヴォーカリストを好きにならない。

一方で、嫌いな声というのもある。
生理的に許容しがたい声というものがはっきりわかってきたのは、ある程度歳をとってからだと思う。

仕事をしている間はほとんどテレビをつけているのが昔からのスタイルなので、「ながら」も身体に入っていて、音声で気持ちが引っ張られるということはほとんどないのだが、今、2人の人間の声が流れるとダメ。

まず、奇妙礼太郎。
積水ハウスやら三菱電機ビルテクノやらのCMに使われているのだが、人に媚びたような歌い方と声がどうしても受け付けない。
耐えがたい。
気持ち悪いことこの上ない。

もうひとりは、miwa。
つかまるところがなくて、どこまでも落ちていくような恐怖さえ感じる輪郭のなさ。
彼女の声が流れると音声を消すかチャンネルを変える。

あなたたちに非はないし、なんの恨みもありません。
ただ、声が不快なんです。
怖いくらいです。
b0024261_12371802.png




by grid303 | 2017-02-20 12:49 | Music | Comments(0)

カセットテープ

りりィのサヨナライベントでお土産にする非売品CDの作成を仰せつかった。

せっかくだからレア音源もボーナストラックに入れたいと思い、往年の日本を代表するPAマンS原さんに会って70年代のライブ音源をあずかった。
ゲゲゲのゲッと言うくらい貴重なライブ音源ばかりなのだが、いかんせんPAのラインアウトであるから使えるものは限られるはず。

ところが、76年の九段会館コンサートを含める数本は2トラテープ!
さすがにオープンリールのテレコを保持している人間が見つからない。

まずは本数の多いカセットのほうからチェックしようと思い、唯一のカセット再生機器としてとってあったかなり後期型のウォークマンを引っ張り出した。
うんともすんとも。(笑
少なくても前に使ったときから10年は経っているからな・・・。
ゴムパーツなんかはもうだめだな。

ということでAmazonを見てみたら、USB接続で専用ソフトを使ってパソコンにカセット音源を録り込める、ウォークマン的な外見の物体が売っていた。
3千円代で、wavにもmp3にも対応していてmp3のビットレートも変えられるという。
ま、イコライジングなどの編集作業があるから、wavで取り込めればOK。
b0024261_17470266.jpg
使えるといいな。
レビューはまたこんど。





by grid303 | 2017-01-29 17:48 | Music | Comments(0)

KUWANA No.5

b0024261_09500700.jpg

1979年に発売されたこのアルバム。
レコーディングの楽器は全部セットしたし、一番ツアー三昧の生活を送っていた頃のアルバムだから、本当は桑名さんのアルバムの中でもっとも身近なものなのだが、その反動なのか、この20〜30年聴いたことがなかった。

mp3化すらしていなかったのだが聴いてみたくなり、日曜の夕方、Z5に取り込んで麦焼酎の麦茶割をやりながら拝聴させていただいた。(笑

このアルバムのツアーは1曲目がボニー&クライドをテーマにした「俺達に明日はない」。
ドン中で桑名さんがマシンガンのようにギターを構えて、ゆっくり客電が落ちると、ドンオープンと同時に桑名さんのギターからイントロが始まる運びになっていた。

1ベルが入ってメンバーがステージに来ると、チューニングして音色エフェクトなどすべて「俺達に明日はない」のイントロに合わせたBCリッチのイーグルを桑名さんに渡す。

ギターを受け取った桑名さんは、ボリュームのつまみだけゼロからフルにアップする。
ツインリバーブから「サー」という低いノイズが出る。

本当はここで音を出してセッティングにトラブルがないことを確認してほしいのだが、いつ客席のPAが生きるがわからないから桑名さんは音を出さない。

そして、ざわめきの中、本ベルが入って客電が落ち、静寂と緊張感が支配する暗闇の中で緞帳が上がるのだ。

たぶん人生の中であそこまで緊張する一瞬はなかったと思う。
もしも桑名さんのギターになにかトラブルがあればコンサートはド頭でぶち壊しになってしまうのだから。

信頼してくれていたからこそ桑名さんは音を出さなかったのだが、1回だけイントロの音がでないことがあった。
暗闇の中で幕が上がり、桑名さんのピックが弦を弾いいてもアンプから音が出なかったのだ!!!

あの頃、日本を2週半くらいしたからどこだったかは覚えていない。

その時、桑名さんは満員の客席に謝ってからドンを閉めさせて、本ベル後からやり直した。

あの日はぶっ飛ばされても仕方がないと覚悟していた。
でもアンコールのロケンロールで総立ちの客席を異次元にトリップさせて、最後にモニタースピーカーに腰掛けてローディーの歌を歌った桑名さんが控室までなだれこみ、ボルテージが下がる頃合いを見はからって楽屋に行くと、「たのむわーホンマに」と笑い飛ばしてくれた。

そんなとんでもない緊張感の思い出が、一番このアルバムを聞かなかった理由かもしれない。

でも桑名さん、本当は好きなアルバムなんですよ。

20歳の自分の姿を思い出して涙しそうになった。


はるか彼方、砂漠・・・
はるか彼方、砂漠・・・





















by grid303 | 2017-01-22 19:59 | Music | Comments(0)

koyamadai 1977

40年前の10月10日。

数年前にアップした運動会の動画の音声にピンクフロイドの曲を使っていたのだが、アップしてすぐに著作権の指摘を受けたので、音声を消去していた。
ところが、昨年久しぶりに観てみたら音声が復活していて、なんじゃこりゃ? ま、いいかってことでそのままにしておいたんだけど、やっと意味がわかった。
楽曲の著作権所有者が広告の表示を条件に使用を許可するということで、この条件に同意する場合はなにもする必要はなく、そのまま公開できるという。
なんと寛大な。
自作動画に既成曲が使用できて、権利所有者が収益化できるシステムとは素晴らしい、と感心した。
これ、曲があるとないとでは別ものだものねぇ。
うれしくてまたアップ。(笑




by grid303 | 2017-01-09 18:03 | Music | Comments(0)


http://www.geocities.jp/grid303


by grid303

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

ニュースで見た! テレ..
by grid303 at 13:39
こないだ 池上線フリー乗..
by okusan at 10:49
秋の色だよねぇ。 メシ..
by grid303 at 10:43
いいですね 信州 空の..
by KねこまみれK at 09:17
いや、むしろ歌舞伎か?
by grid303 at 13:34
にゃあ
by KねこまみれK at 17:47

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
Drama
Sports
Foods
Music
Relax
Others
Works
Cycling
Motorcycle

ライフログ


SUMMER HOLIDAY


Tear-Drops Calendar


ひとかけらの夏


GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ


Havana Moon


トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション


マッハ Go Go Go ミュージックファイル Round-2


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)


Ring-a-Bell


Wish You Were Here


The Dark Side of the Moon


はらいそ


MOONLIGHT ISLAND


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ‾ベスト・ヒッツ・ライヴ デラックスエディション


Beatles for Sale


シャルメーヌ~ザ・ベリー・ベスト・オブ・マントヴァーニ


Bad Company


モンドダイヤ


ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック


GAME


First Message


ピュンピュン丸 コンプリートDVD


Getting Ready...


ぜんまいざむらいのうた


Start Over


Perfect Crime


1st flight(CCCD)


トラトラトラ!


次郎長放浪記


FOLK SONGS


キネマの天地


男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け


DREAM PRICE 1000 南沙織 17才


The Stranger


チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック


フランシス・レイ


ローズマリーDVD-BOX 1


LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)


アストロ球団 (第1巻)


全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」


天国の階段 オリジナルサウンドトラック


サインはV 1ST SET


BRAND-NEW MOTOR WORKS


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX


North Wind

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東京

画像一覧