カテゴリ:Sports( 51 )

祝祝祝! 船出。

中田久美率いる新生JAPANが最高のスタートをきった。
セッターが3人いるチームというのが、いかにも中田っぽい。(笑
とうぜんブラジルも2020に向けてチームを作り出したところだが、そういう意味ではどこも同じ。
3、4セットを取られたときは、この勢いのままブラジルが走るかと思ったけど、よく競り勝った。
素晴らしい。
b0024261_10395323.jpg
リバーレの佐藤美弥が光っていて、ドリンクやタオルの世話をする宮下の姿しか映らないのが残念に思っていたら、最後の最後に監督の狙い通りの仕事をして勝利を決めた。
この1勝がもつ意味は大きい。
日本チームにはブラジルに勝ったという経験値が刻まれて、ブラジルチームには日本に対する苦手意識が植え付けられる。
ギリギリの状態になったときに、この自信が活力になる。

オリンピックがどうかということよりも、彼女たちが、しばらくまたバレーボールを楽しませてくれそうなことに感謝したい。

最高の船出にエールを送ります。
ガンバレ!

”リバーレのW佐藤”の写真があったので借用。(笑
なかなかアイドルチックでよろしい。
今回、あり紗は全日本入りしていないくて残念。
b0024261_10532433.jpg

宮下と佐藤の非情なポジション争いが展開されるんだろうな・・・。
見たいような見たくないような・・・。

テレビ局に言いたい。
くだらないワイドショーなんかやめて、まじめにスポーツ中継をしてくれーーー!



by grid303 | 2017-07-19 10:57 | Sports | Comments(0)

F1

昨シーズンから2輪のmotoGPを観ているのだが、F-1はもう3年くらい観ていない。
リオパラリンピックの手漕ぎ自転車競技で、元F-1ドライバーのザナルディが2大会連続優勝というニュースを見て、F-1を思い出した。
b0024261_12152500.jpg
ザナルディはCARTの2001シーズンに参戦中、事故で両足を切断したらしい。そういえばそんなことがあったような気もするな、という程度の記憶しかないが、F-1ファンでザナルディの名を知らない人はいない。
2005年からBMWが彼専用に作ったレースカーで世界ツーリングカー選手権に参戦し、毎年優勝を成し遂げながら2009年に43歳でレーサーを引退。
これでも十分驚くのだが、その後に自転車競技でパラリンピックを目指して2大会連続優勝というのだから、すごい不屈さとしか言いようがない。
F-1ドライバーが持つ身体的ポテンシャルの高さを示している報道機関も多いようだが、彼のレーサースピリットがそれを上回っていたような気がする。
人より速く走ることへの異常なまでの執念。
彼は、F-1では下位チームに在籍していたこももあってなかなかいい成績を残せなかった。しかしあそこは、F-1の決勝レースという場は、十分異常であるともいえる、ある1線を越えた運転技術と身体能力を持つ者でなければ参加できないところなのだ。
700kgに満たない車体で350km/hからフルブレーキングしてコーナーに突っ込む、なんていう神技を20人くらいが普通にやってるわけで、お互いの技術に信頼関係がなければ危なくて走れない。
今年からCSでの放送になってしまったらいしけど、来シーズンはまたBSで放送してほしいものだ。

でも、クレイジーさかげんで言えば、オートバイで350km/hからフルブレーキングしてコーナーに飛び込むmotoGPライダーのほうが上。どういう世界か想像すらできない。世界で一番信じられないレースをしている人たちだと思う。
b0024261_13155204.jpg
motoGPのことはまたこんど。







by grid303 | 2016-09-16 13:16 | Sports | Comments(0)

TOKYOだヨ おっかさん!

b0024261_13372261.jpg
 金にものをいわせた大スケールの北京、エンターテイメントの極致ともいえたロンドンの後だけに、最初はぜんぜん盛り上がらなかったけど、南米初のオリンピックは日本の躍進を感じるいい大会だった。ま、これもスポーツの振興に金を使った結果であるのだが・・・。
やってしまえば、始まってしまえば、アスリートたちが繰り広げるハイレベルの勝負にナショナリズムを刺激されるから盛り上がる。
しかし、同じ街の中にスラム街がある都市で、しかも多くの市民が貧困に苦しむ状況の中で、大金を消費して半ば強引に開催した初の大会という側面もあった。いわば裕福な人たちのお楽しみであったわけで、これはやはり本来のオリンピックの主旨に反するような気がする。
東京だって似たようなものじゃないだろうか。
これはアベノミクス全般に言えることだけど、オリンピック予算のほとんどが広告代理店と一部の大企業を潤すだけなのは目に見えている。世界の注目が集まるから一時は街場にも金が流れるだろう。
問題はオリンピックが終わった後だ。
オリンピック後に日本経済が失速すると分析する識者も多いが、格差や二極化が顕著になることは間違いない。
自分も含めてオヤジやジジイ連中はもうすぐ死ぬのだから、それまでなんとか生き延びればそれでいい。
だけど、次世代を担う若者が貧しすぎる。夢がなさすぎる。
クルマ乗らない、免許とらない、海外に行かない、結婚しない。

東京都だけでなく、できれば国としてやってほしいことがある。
ひとつは正しい歴史教育を中学生に施し、靖国神社社会見学を義務化して国民全員に遊就館を見せること。
もう一つは、中学3年で卒業する前に1~2週間、全員に海外でボランティアを経験させること。
オリンピックで夢をもてるのは子どもとアスリートだけだが、もっと多くの若者が夢をもてる世の中を今考えないと日本は滅びる。中学生全員に公金で外から日本を見せてやってほしい。
それがどう経済に結びつくとか、どのように将来の仕事の幅を広げるとか、そんなことはわからないけど、必ず今より夢をもつ若者が増えるはずだ。
マリオになって浮かれている場合じゃない。




by grid303 | 2016-08-22 15:08 | Sports | Comments(0)

金メダール

すばらしい勝負だった。
バド女子ダブルス。
第3ゲーム、19-16と3点差をつけられたときは、もうダメかと思った。
なんと、そこから5連続得点!!!!!
すごい精神力を見せてもらった。
ロンドンの銀に続けてとうとう金メダル。
オグシオの灯した火が燃え続けたような気がして、なんだかうれしい。
おめでとう!
b0024261_03001816.jpg
b0024261_03001751.jpg
やっぱり今回の君が代はないな。
間延びしちゃって感激がうすれてしまう。




by grid303 | 2016-08-19 03:02 | Sports | Comments(0)

おめでとう!!!

 卓球女子団体2大会連続メダル獲得おめでとう!!!
体操も水泳ももちろんおめでとうだよ。
でも、やはり対戦勝負ものは熱くなる。
福原と伊藤のダブルスから見たんだけど、またまたいい勝負を見せてもらった。
このチビッ子コンビ最高だったぜ。
b0024261_01383684.jpg
まさかの石川初戦敗退で始まった女子卓球、いい形でしめくくれてよかったね。
伊藤美誠、2000年10月生まれの15歳、日本チームも面白くなってきた。
フォアでもバックでもラケットを縦に使うシーンが結構あって、横にスピンをかける打球はいいんじゃないかと思った。

ええっ、これからバレーボールの準々決勝だって⁉
アメリカ戦だけど、木村の締めくくりだから観ないとね。
困っちゃうな・・・。
ま、オリンピックってことでよしとしますか。
あ・・・、麦焼酎がなくなった。






by grid303 | 2016-08-17 01:52 | Sports | Comments(0)

てんぺすと

 卓球女子団体の準決勝はいい勝負だった。
愛ちゃんはすごい追い込みを見せたけど、最後はエッジボールに泣いた。
世界大会クラスにもなると、こういった運も味方につけなければ優勝できない。
これも勝たせてあげたかった一戦だった。
b0024261_12092512.jpg
小学生の高学年のころ、卓球にハマッていた。
無料で卓球ができる児童センターに通い、学校では卓球部に入った。
そのころ、「中国ペン」と呼ばれていた丸形のラケットの裏面にもラバーを貼ってシェイクハンド仕様にするのがちょっと流行っていた。
初めて自分のラケットを作るとき、グリップが短くて軽そうな中国ペンを使ってみたくなり、中国ペンのラケットに表は縦目の「テンペスト」厚、裏面はたしかスポンジがないイボイボの「コメット」を貼った。フォアは強力なスピンと反発力を両立させ、バックハンドはカットやコントローラブルなショートプレイに的した構成だ。
とか言ってカッコつけていても、備え付けの安いラケットのヤツに負けたりするんだけどね。(笑
オリンピックの選手が使っているラケットを見ていると、基本的な考え方やラバーの構成が当時とあまり変わっていないようで、また卓球がやりたい、と言うよりも、またラケットを作ってみたいと思った。四角いラバーをラケットに貼り付けてカッターでラケットにそってラバーを切るやつ、またやりたいな……。
下手なやつのラケットはラバーのヘリがギザギザになってるんだな。(笑

男子が決勝に進出だって?
男はどうでもいいんです。
水谷ってやつはなんか鼻につくし。
女子ばかりがテレビで放映されてくやしいからメダルを狙った。なんて言ってたけど、ちがうんだよ君、華がないんですよ。おまけに言うことがつまらないし、顔はコメディアン。テレビ向きじゃないの。
バレーボールもフィギュアも卓球もテレビでやるのは女だけにしてください。
あっ、あとね、いちいちはしゃいでる家族を移したり、お涙ちょーだいストーリーみたいなのはいらないですから。
あっ、それとね、感極まってたりボロボロに落ち込んだりしている選手に対して、くだらない質問しかできないバカなアナウンサーはやめさせてください。
(>_<)


by grid303 | 2016-08-16 12:33 | Sports | Comments(0)

日の丸アイドル

 世界バレーは2次予選敗退と、最後までいいところがなかった日本女子チーム。
初戦のアゼルバイジャンにフルセットで負け、崩れていた攻守のバランスを立て直せないまま終わってしまった。
ま、どこの国もオリンピックに向けて本格的なチーム作りに入るのは来年夏のワールドカップなので、その時点でどこまで「ハイブリッド6」が完成しているか、ということになるだろう。思い切った選手の入れかえが必要なのかもしれない。
フランスのカンヌに移籍する江畑がパワーアップしていることを期待したい。

それにしても今大会の中継は、アナウンサーがダメすぎた。
何十回選手の名前を間違えるんだ。
ええかげんにせいっちゅうの。
もうバレーの中継はやめなさい。

話は変わって、昨晩観た世界体操選手権の女子団体決勝。
日本女子チームは8位と残念な結果に終わったが、見ごたえのある内容だった。
とくに18歳のトリオがよかった。
ジュニアの時代から全日本チャンプの座を争ってきた、寺本明日香、笹田夏美、村上 茉愛の3人。
リオのオリンピックでは是非3人そろって活躍する姿を見せてほしいものだ。
引退した田中理恵は、日本の体操界ではじめてアイドル視された選手だが、この3人はその上をいく要素を持っていると思う。
今やH難度やⅰ難度なんていう技が繰り出される女子体操だから、3人ともすごい身体で逆三角の上半身は筋肉バリバリ。で、メイクの映える可愛いフェイスで世界の選手たちと渡り合うわけだから、人気爆発間違いなし。
18歳の笑顔も涙もとにかく可愛かった。でもその根底には、日の丸を背負って勝負に勝つための人並み外れたド根性(古い!)と努力とがあるところにすっかり魅了されてしまった。
b0024261_1222347.jpg

b0024261_11543578.jpg

b0024261_11544463.jpg

b0024261_1136132.jpg

ガンバレ!ニッポン。
by grid303 | 2014-10-09 11:37 | Sports | Comments(0)

E・E・E- 気持ちE

 すっかり夏終盤のMY風物詩となった感のあるワールドグランプリ。
初戦から予選ラウンドで5連敗したときには、かんとくゥ、「ハイブリッド6」なんて騒がれてマスコミには持ち上げられてるけど失敗だったんじゃないの?
かなんて思ったけど、そここら4連勝、最後はストレート負けした中国との再戦で3-1の勝利。
(だったらしい。予選ラウンドはCSで全試合放送したらしいが、BSでは見れなかった。しかも一試合前の韓国戦は、2-2で迎えた第5セットの13対11かなんかで放送終了するというフジテレビのバカさかげん)
不調だった新鍋が調子を上げたのがよかったが、江畑がどうもいけない。迫田は出てないし。
そんな、勝ち方のよく見えない状況の中で、いつもながら開催国だから参戦できるという、なんだかなァの決勝ラウンドが昨日から始まった。

コマーシャルとジャニーズタレントのアホなコメントなぞ見たくないので、録画を見ることにしているのだが、放送が終わってから再生すると、トータルの放送時間で何セットまでいったかほぼわかってしまうのはちょっとつまらないところ。
2時間30分を超えていればフルセット、2時間20分程度だったら4セットで決着がついたな、と読んでしまうわけで・・・。
昨日のロシア戦は2時間20分程度だったから、「おっ、1セットとったのか?」と思って観戦したら、なんと3-1で勝ったじゃないですか。なにしろ、予選リーグでもボロ負けしているロシアですから。ガモワの後を引き継いでいるタチアナ・コシェレワがいるわけですから。まさか勝つとは。
「おいおい、ツボにはまればけっこういけるかも・・・」
なんて思って観戦した今日のトルコ戦だった。

なんだかトルコが強くなった気がしていたが、かつて「ロシアの赤鬼」と呼ばれたカルポリ監督の次におっかねーなと思っていた、ピッチニーニ擁するイタリアチームを率いていたバルボリーニ監督が去年から就任していた。なるほどね。

いや、前置きが長くなったけど、希に見るいい試合だった。
全然格下のチームとの試合だったら、感動も薄いのだが、初戦でストレート負けしている相手だけにどうなるのだろうというワクドキがある。
9時に仕事が終わって、フジテレビを映さないように気をつけながら他のチャンネルをチェック。
点数表示は見ないようにしてバレーボールをやっているかどうかだけ確認しようと、一瞬だけフジテレビを表示したらすでに次の番組をやっていた。
ということは、3セットで勝負はついている。
予選に続いてストレート負けかストレート勝ちだ。だから、1セット目をとった方が勝ったわけで、第1セットの観戦は緊張感があった。
日本が第1セットをとったので、ストレート勝ちを確信し、安心して(ちょっとつまらないかもしれないけど)第2・第3セットを観戦した。
相変わらず江畑の調子が上がらない。だが、復調した新鍋理沙、ヘアピンがどこか「アタックNo.1」時代のバレーボーラを思わせる石井優希と、きれいな速攻を見せる大野里奈の若手180コンビがよかった。セッターは10代の宮下遥、リベロは佐野優子、CP木村沙織と、ちょっと線の細さが気になるが日本を代表するアタッカーに育ったサウスポー長岡望悠。
今、最高だと思えるラインナップでスタート。案の定、選手の交代はほとんどなかった。
なにがよかったって、佐野も相変わらずすごいんだけど、全員のレシーブ。
190以上のロシア選手がバチーンと高いところから撃つアタックを拾っては返す、拾っては返すのラリーで、最終的に木村がテクニックで穴の空いているところに落とす、という展開がしびれるー。
そしてブロック。身長が177のセッターがいるというのは、今までの日本チームを考えるとかなりのアドバンテージポイントだ。もちろん宮下の上手さも光っているんだけど、ロシア相手に数本のブロックを決めた自信は、今後の試合に必ず活きてくる。
「全員リベロ、全員アタッカー」という方針は、考えてみれば理想的なチーム構成なのだが、攻撃力と守備力のバランスを一から作り直さなければいけないようなところがある。
そういう意味でも、この決勝リーグで見せている守備力の向上は大きな武器になるはずだ。

今日ほど気持ちよかった試合も珍しい。本当によかった。
「いい!」「イイー!」「いいいーー!!」と何度言ったことだろう。
思わず録画データを保護してしまったくらいだ。(今まで同様に、結局2度観ることはないんだろうけど)
ここに迫田が戻ってきて、江畑が復調したら相当いいチームになりますねぇ、かんとくゥ。
でも、石井は新鍋と一緒にレギュラーで残してほしいな。レシーブもいいんだから。今日の試合で言えば、長岡と大野の枠が流動的になるんですかねぇ・・・

さて、今日は本大会3度目の中国戦。
やっぱり放送が終わってから、録画で観ることにしよう。
b0024261_11222713.jpg

by grid303 | 2014-08-22 11:33 | Sports | Comments(4)

野球班

スタンドを埋めたみなさんの熱意はすばらしい。
なんだかいい印象で終えられたんじゃないの?
勝負のことは、まぁーしょうがないやね。
スタンドの雰囲気がよかった。
でも、ヒット1本ほしかったな・・・(笑
b0024261_19331149.jpg

by grid303 | 2014-03-21 19:34 | Sports | Comments(2)

OH,BABY これがさいごのチャンス♪

 そんなキャロルの曲があったなあ・・・

今回の女子フィギュアは希に見るいい試合だった。
団体戦を見て各国の世代交代が順調に進んでいることがわかり、15歳の天才少女も登場したりして、これは浅田真央が完璧な演技をしてもメダルは難しいのではないかと感じた。
そして結局最後まで見てしまったショートプログラム。
キム・ヨナは安定の演技、誰もが驚いた17歳ソトニコワのスーパーな演技と得点、円熟した美しさでまとめたコストナー。
最終滑走の浅田真央は成功率5割みたいな技に賭けているのだから、誰もが失敗するかもしれないという心配な気持ちで見守る。
彼女ほど見る者を緊張させたスケーターもいない。
日本選手が3人ともジャンプに失敗したのを見て、日本人はメンタル面が弱いのだろうかと思った。
浅田真央は呆然としたままリンクを去り、時間が経つにつれて絶望感が増す中で眠れない夜を過ごしたに違いない。
フリーでも多分トリプルアクセルは飛べないんじゃないだろうか・・・
そんな失礼なことを思ったことに深い反省を覚えた。
ぶれないで挑む素晴らしい精神力だった。
前日以上に、というか、あれほど見る者を緊張させ、引き込み、感動させた演技もないと思う。
どん底状態から完璧な演技をこなす、そのすごい落差に、目頭を熱くした人も多いことだろう。
緊張感があって、涙があって、どん底があって、最高があって・・・
なんだか日本人ぽいなあ・・・とっても。
いつのまにか笑いながら涙をながしている自分に気づく、寅さんの映画みたいなところがあるな・・・

なにはともあれ、よかったねえ。真央さん。
最後のチャンスを最高の演技で飾れるなんて。
お姉ちゃんの「活を入れました」というコメントもよかった。
いいねぇ、美人姉妹は。
b0024261_18481231.jpg

今晩の豪華なキャストのエキシビジョンも楽しみだ。
by grid303 | 2014-02-22 18:50 | Sports | Comments(0)


http://www.geocities.jp/grid303


by grid303

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

ニュースで見た! テレ..
by grid303 at 13:39
こないだ 池上線フリー乗..
by okusan at 10:49
秋の色だよねぇ。 メシ..
by grid303 at 10:43
いいですね 信州 空の..
by KねこまみれK at 09:17
いや、むしろ歌舞伎か?
by grid303 at 13:34
にゃあ
by KねこまみれK at 17:47

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
Drama
Sports
Foods
Music
Relax
Others
Works
Cycling
Motorcycle

ライフログ


SUMMER HOLIDAY


Tear-Drops Calendar


ひとかけらの夏


GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ


Havana Moon


トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション


マッハ Go Go Go ミュージックファイル Round-2


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)


Ring-a-Bell


Wish You Were Here


The Dark Side of the Moon


はらいそ


MOONLIGHT ISLAND


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ‾ベスト・ヒッツ・ライヴ デラックスエディション


Beatles for Sale


シャルメーヌ~ザ・ベリー・ベスト・オブ・マントヴァーニ


Bad Company


モンドダイヤ


ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック


GAME


First Message


ピュンピュン丸 コンプリートDVD


Getting Ready...


ぜんまいざむらいのうた


Start Over


Perfect Crime


1st flight(CCCD)


トラトラトラ!


次郎長放浪記


FOLK SONGS


キネマの天地


男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け


DREAM PRICE 1000 南沙織 17才


The Stranger


チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック


フランシス・レイ


ローズマリーDVD-BOX 1


LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)


アストロ球団 (第1巻)


全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」


天国の階段 オリジナルサウンドトラック


サインはV 1ST SET


BRAND-NEW MOTOR WORKS


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX


North Wind

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東京

画像一覧