カテゴリ:Cycling( 54 )

サイクルコンピューター

 かねてから自転車に乗っていて、自分の走行距離を知りたいことが多々あり、なにかいい物は
ないかと考えていた。
自転車ごときにスピードメーターは必要ないので、どうしたものかと思っていたら、サイクルコンピューター
という便利なものを見つけて早速装着した。
b0024261_2143104.jpg

時計、スピードメーター、積算走行距離に加えて、本日の走行距離、走行時間、最高速度なんかがわかる。
b0024261_2149179.jpg

ワイヤレスのものもあるようだが、これはハンドルからフロントフォークまでケーブルを這わせる
有線方式。
フロントフォークにセンサーを装着して、車輪のスポークに装着したマグネットの磁気を感知する。
初期設定で、自分の自転車のタイヤが一周すると何センチ進むのかをインプットしておく。

液晶にバックライトがないので暗いところでは見えないけど、文句は言えません。
なんと言っても1200円ですから。(笑
でも、自転車には辛い季節になりますな。
by grid303 | 2007-11-27 22:00 | Cycling | Comments(7)

鶴見川源流

 先週はストレスとフラストレーションが溜りまくりだったので、土曜日は全て忘れて1日ペダルを漕ごうと思い、
11時半に家を出て、1度行こうと思っていた鶴見川の源流へ行ってみた。
k君お先に行ってまいりました。オススメの古墳も見てきたよ。(笑

いつものように高田町で早渕川にでると、初めて上流に向って走る。
b0024261_1120829.jpg


地図を眺めていたら、早渕川を遡っていくと荏田に行くつくことを発見した。荏田と言えば市ヶ尾のとなり
じゃないですか!しかも鶴見川は大きく蛇行しているのでかなりの距離短縮になりそう。
「市ヶ尾カットイン大作戦」を遂行することにしたのだった。
港北のセンター南駅のすぐ下を通る。未舗装の部分が多かったが、この辺は綺麗に整備されている。
b0024261_11564029.jpg


荏田からR246で一山越えると市ヶ尾だ。ちょうど1時間で着いた。作戦大成功!
鶴見川サイクリングコースを進む。
市ヶ尾高校のあたりを右に少し走ると「稲荷前古墳群」がある。
b0024261_11565846.jpg


自転車を降りて上まで登ってみることにした。
b0024261_11572286.jpg


天辺はこんな感じ。前方後方墳というのは珍しいらしい。
b0024261_1157396.jpg


丘の上から望める景色
b0024261_11575562.jpg


さて、源流に向ってまっしぐら。ススキの穂がキラキラひかって秋の風情を伝えてくれる。
b0024261_11581827.jpg


しばらく走ると鶴川の駅が右側に見えてくる。
b0024261_11583433.jpg


鶴川を過ぎると川はもうこんな感じで、水も少し透き通ってくる。ルアーを投げている男がひとり。
b0024261_11585791.jpg


鶴川を過ぎると管理の管轄が東京都になったり神奈川県になったりする。
鶴見川というと神奈川の川というイメージが強いが、上流部分は東京都を流れている。
しかし、こういうイランことをしている。なぜこんなところに護岸が必要なのかまったくわからない。
b0024261_1159128.jpg


袋橋という橋をすぎて少し行くと川沿いの道がなくなり、一般道を走ることになる。
川はもうこんな感じ。
b0024261_11592883.jpg


日大三校の前を通り、しばらく走ると、小さくなった川は合流を繰り返しているので、どこを遡っていけばいいのか
わからなくなる。w42caのナビを見ながら2~3度後戻りをした。
やっと見つけた地味な看板。
b0024261_11594326.jpg


間もなく源流に到着。
b0024261_11595819.jpg


それは道路脇にある、とても地味な湧水なのでした。
感動がうすいなあ……。もう少し綺麗にすればいいのに。

b0024261_1201336.jpg


まわりは東京都町田市の田舎風景。
b0024261_1203385.jpg


これが鶴見川の流れの始まり。
b0024261_120466.jpg



走行距離 約60km
6時間の旅だった。
久しぶりだったのでちょっと疲れた・・・
by grid303 | 2007-10-15 12:02 | Cycling | Comments(1)

元住吉

 品川区の商店街で育ったものだから、買い物はスーパーよりも商店街に行きたくなる。

で、最近、元住吉が面白い。
飲食店もいろいろと充実しているので、ふらっと自転車でお昼を食べに行くのにもいい。

よく食材を買い物に行くブレーメン通り
b0024261_9563348.jpg


線路が高架になり新築された駅。まるで仮設のパビリオンにような造り。
b0024261_9584093.jpg


商店街をちょっと脇に入るとこんなディープなスポットもある。
b0024261_1033053.jpg

by grid303 | 2007-10-06 09:59 | Cycling | Comments(7)

自然の爪痕

 自転車で打合せに向う途中、丸子橋の河原に寄ってみた。
今月初旬の台風9号で川幅が河原いっぱいになって以来、始めて訪れた。
随分と整備はされたようだが、フェンスのなくなってしまったグラウンドや、流されてきた
ゴミの山など、まだ痕跡がところどころに見られる。
数百メートルに渡って、まるで住宅街のように並んでいたブルーシートの家屋群もなくなっている。
発電機を置いてテレビを見る人、畑を作り、鶏を飼っている人、犬や猫と仲良く暮す人、
柵を作ってガーデニングを楽しむ人……、以前来た時に遠慮がちに見て回ったそんな光景は
全部台風で流されてしまった。
しかし、あっちにひとつ、こっちにひとつと新築された青い家ができ始めている。
まるでシムシティをやっているような感覚になった。
自分にはそんな生命力はないだろうなと思いながら丸子橋に戻った。
b0024261_1342356.jpg

by grid303 | 2007-09-26 13:04 | Cycling | Comments(7)

秋の空

 久しぶりに鶴見川をサイクリング。

ここ2週間は執筆物に入り込んでいたので完全に運動不足だ。
体中の筋肉が固まってしまってバキバキ状態。
あちこちの筋を伸ばしストレッチをしながらペダルを漕ぎ出した。

秋の光線は草木の緑や川面を、夏とはまた違った色に見せる。
夏の鮮やかさに対して、透き通っっているという感じだろうか。

それにしても……、空は秋でも温度はまだ夏だ。暑ーい。
b0024261_14275927.jpg

by grid303 | 2007-09-16 14:28 | Cycling | Comments(3)

久々の鶴見川

 この猛暑の中、最近まったく体力に自身がないので、自転車に乗るのをためらっていたわけだが、
十分な水分補給をして無理をしなければぼちぼちいいんじゃないかと思いたち、昼過ぎから茶利した。

いつものように(になりつつある)、綱島方面に向かい、早淵川から合流点を上流へ向かう。
今日は右岸を上がっていってみようかと思い、新羽橋(だったかな?)を右岸に渡った。
やめておけばよかった。
新横浜が近づくにつれ、川原の幅がやたらと広くなり、サイクリングロードは無くなり、ニッサンスタジアムの前の
道路を走ることになる。先を見ると合流点らしく、右岸を行くと鶴見川から離れていってしまうようだった。
これはまずいと思い、橋を渡って左岸のサイクリングロードに移った。
この辺の鶴見川の右岸は新横浜の開発でおかしなことになっている。

以前ここから下ってきた、中原街道を越えると、すぐに合流点になっていた。
左は恩田川、右は谷本川(鶴見川)と表示されていたので、谷本川を上がっていった。
この辺から結構カントリーな雰囲気になってくる。
b0024261_1949367.jpg

養豚場やら広ーい畑やら栗の木だ柿の木だといい雰囲気のなかを走り続けた。
この川を遡って行くと一体どこにつくだろうか?という少しワクワクするような気持ちでペダルを踏んでいると、
見覚えのある高速道路の立体交差が見えてきた。
b0024261_19483780.jpg

(えっ、市ヶ尾?)
市ヶ尾だった。246の市ヶ尾で渡る川は鶴見川だったのだ。
(こんなに走ってきて市ヶ尾……)ちょっとガックリ。
クルマの移動を考えると、自転車の距離感は独特なものがある。

市ヶ尾を越えるて少し走ると、なんだか起点のような表示があり、看板に地図がのっていた。
b0024261_1950396.jpg

b0024261_19505059.jpg

河口から24キロ、源流まで18.5キロ
綱島は河口から9キロくらいだから、家からは20キロ近く走ったことになる。
場合によっては源流まで行ってみようかなどというのは、甘い幻想にすぎなかった。
ここから往復37キロは今日やるべきことではない。
ここでUターンして帰路についた。
夕方になると風が涼しく感じられる。
帰りはなんだか走りなれた左岸を綱島の合流点まで下り、早淵川を上った。

約40km、4時間半の旅だった。

k君、明日はよい江戸の旅を。
無理はだめだけど、さすがに夕方からは涼しくなってきたね。
by grid303 | 2007-08-26 20:01 | Cycling | Comments(3)

skywalk

 昨日は久々に yokohama skywalk live の日だった。
何気なく自転車で行ってみようかと思い、ALPSLAB routeで調べてみると、大黒埠頭まで距離は約16km、
鶴見川の河口から近い。
高低差グラフを見ると、日吉界隈で多少アップダウンがある以外は、珍しいくらいのフラットなライン。
川沿いに下って海沿いを移動するコースだからラインも緩やかに下っている。
しかも鶴見川には、どこまであるのかは知らないがサイクリングコースがあって走りやすい。
(全然OKじゃないの!これは!)
天気も大丈夫そうなので、着替えやタオルをリュックに詰め、昼前に漕ぎ出した。

綱島に向かう途中でクルマの多さがいやになり、早淵川に沿ったコースを行くことにした。
b0024261_10302113.jpg

綱島で鶴見川と合流する。青学のグラウンドだったところにマンション群が立ち並んでいる。
この辺も10年前とはまったく違う景色になってしまった。
b0024261_10313738.jpg

この先で右側からくる鶴見川と合流する。正面に見える山は大倉山。
b0024261_10333585.jpg

そのまま、鶴見川の左岸をしばらく走ると、今度は左川からくる矢上川と合流するので、右岸に渡る。
b0024261_10344214.jpg

ひたすら河口に向かって進む。
第二京浜を越えようとすると、グッとくる廃墟が見えてくる。
b0024261_10363952.jpg

横から。重機がそばにあったので、もうすぐ壊されてしまうようだ。
建物の上に木が沢山生えているのが見えるけど、どうなっているのだろう。不思議な建物だ。
b0024261_1037354.jpg

第一京浜と当たるところでサイクリングコースは終わりだった。もう、3~4kmで河口だ。
ここからは第一京浜を生麦まで走る。
b0024261_1043265.jpg

国道沿いにある、JR鶴見線の「国道」という駅。なかなか味のあるガード下を少し入ると駅の入口がある。
b0024261_10434166.jpg

生麦というところは、いったい魚屋が何軒あるのだろう。この通りの右側は軒並み魚屋だった。
どこか、月島と似た空気があるところだ。
b0024261_1044342.jpg

国道沿いにある、生麦事件の碑。ついこの間まで、このとなりに「北京」という、昔、中延にあった中華店が
あって、昔と味の変わらない餃子とチャーハンをたまに食べていたのだが、建物がなくなっていた。残念。
b0024261_10441915.jpg

生麦を左折し、埠頭に向かって一直線に進む。
本日の山場。今日のコースで坂という坂はここだけだろうと思っていた大黒大橋だ。
キツイ。長い!!
b0024261_10444287.jpg

やっと上りきった橋の中央から振り返るとこんな感じ。
なぜ、こんな山にみたいに真ん中が盛り上がった橋をつくるのか、小一時間問い詰めたい。
b0024261_10445671.jpg

とにかくPAまで行って一休み。最近、外からも利用できるようなったので、かなり便利になった。
b0024261_10451322.jpg

到着。  さて、仕事しますかね。今日のライブは16時と19時の2回だ。
b0024261_10453244.jpg

シノちゃんの豹柄スティックケース。可愛いね。
b0024261_10454332.jpg

お疲れ様!

帰路は、大黒大橋以外、楽なコースだった。(笑
夜の川原は涼しいかと思っていたら、夜になっても暑い日で、結構汗がでる。
まあ、汗をかくために走っているんだからそれでいいんだけど。
矢上川の合流から矢上川の川原を行こうと思ったが、無舗装で腕が疲れるので、尻手黒川道路にでる。
途中「ハナマサ」で、ホウレン草のフィットチーネとレトルトの辛口カレーを買って帰ってきた。
by grid303 | 2007-07-29 11:09 | Cycling | Comments(26)

日吉公園

 今週はハツの調子がいまいちで運動ができなかったが、昨日から回復してきたので、今日は自転車に
乗ろうと思っていた。でも、いきなりの長距離は心配があったので、ご近所コースにすることにした。

 渋谷行きの東横線に乗っていると、日吉を過ぎてすぐに矢上川という小さな川をを渡るが、
その左手先に小高い緑の丘が見える。
そこが日吉公園と呼ばれる公園で、川の脇から丘を登っていけるようになっている。
日吉から夢見が崎のあたりにかけては貝塚や古墳が多いところで、昭和初期に慶應のキャンパス内に
発見された日吉矢上古墳は重文に指定されているが、ここも矢上台古墳群と言われる遺跡のひとつで、
矢上上ノ町遺跡と呼ばれているらしい。
矢上川という川も相当昔からあって、その回りに暮らした人々がいたようだ。
b0024261_21283925.jpg

ここが面白いのは、丘の上まで3本の道が選べることだ。
ストレートに上っていく石段の左側には、自転車でも登っていける(そうとうキツイが)道がある。
b0024261_21331573.jpg

自転車を入口に置いて石段を上がっていくと、段々になった芝生の広場があり、一番上は遊具がある
児童公園になっている。武蔵小杉から川崎方面が見渡せてなかなか気持がいい。
b0024261_21363741.jpg

虫取りアミが夏を想わせる。
b0024261_2140296.jpg

児童公園の隣は畑だったのだが、やめてしまったようだ。奥のほうでは農作業をしていたけど。
b0024261_2144294.jpg

景色もそうだけど、2年前に来た時とは少し雰囲気が変わったな……。
帰りは、3本目の道で下りてきた。これは人がひとりやっと通れるくらいの山道だ。
b0024261_21472321.jpg

蚊に食われた足を掻きながら元住吉の商店街で買い物をし、帰路についた。

ちょいのり約9km、一時間半の旅。
by grid303 | 2007-07-21 22:17 | Cycling | Comments(0)

中原街道

 土曜日の午後、どうみても今週は運動不足だったので、一度自転車で行きたいと思っていた
厚木飛行場に行こうかと思い、地図を調べた。片道25キロ以上ある。
(ウーン……、結構あるなぁ。最低でも6時間コースか……。夕立もありそうだしなぁ。)
などど一瞬怖気づいたが、まあ行ける所まで行って帰ってくればいいかと思い、ペダルを踏み出した。

b0024261_12194942.jpg

ずーっと行くと湘南海岸で東海道に合流する。
中原街道はかなり古い道なので、街道筋には歴史を匂わす建造物や史跡が多い。
これは関さんという方のお屋敷。後北条氏のなんたらかんたら(笑。
b0024261_12315043.jpg


クルマで走っている時はわからなかったが、中原街道という道はおっそろしく上り下りを繰り返す道だった。
丘と谷の繰り返しだ!ゲッ!!!
b0024261_1234598.jpg

こんなに地名に忠実な道路も珍しい。
当たり前の話だけど、「星谷」だとか「長坂谷」だとか谷がつくところは本当に谷だからまいる。
とにかく長ーい登り坂と下り坂を繰り返すのだ。
「長坂」というところの坂の長さと言ったらとんでもないもので、登りの途中で自転車を降りて休憩を
してしまった。これはもう山越えだ。

(ひえ~、もう坂は勘弁してくれぇ~)
と激しい呼吸をしながら坂を上りきると、下りの先にはまた登り! orz
b0024261_12452060.jpg

14~15キロ走ったところで、飛行場は断念した。ここまでのほぼ倍あるあるわけだから。
これは相当体調がいい時に午前中からチャレンジしないと難しい。
下りの先に見える登坂の途中を右に入ると横浜動物公園「ズーラシア」があるので、とにかくそこまで
行くことにする。
b0024261_12544293.jpg

ウンピョウの子供が3月に生まれ、数日前から公開を始めたらしいので、見たいなとも思った思ったが、
退館時間まで一時間半くらいしかなかったので、次回の楽しみにして復路についた。

少し戻ると鶴見川を渡る。
これも一度走ってみたい道だったのと、坂道勘弁という想いから、帰りは鶴見川サイクリングコースを
行くことにした。
b0024261_13651.jpg

この川も、もう少し綺麗になってくるといいね。
川の流れというのは歌にもなるくらいで、一路海に向って下ってゆくわけで、とにかくこのまま川沿いに
行けば綱島に着くし、とにかく大きな坂がないことは間違いないので、往路の気合入りまくりとは一転、
気楽にサイクリングロードを走った。

鴨居の駅から橋が延びて大勢の人並みが行き来している。
なにかイベントでもあるのかと思い、見渡してみると「ららぽーと横浜」の看板が見える。
ああ、ここだったのね。
b0024261_13474653.jpg


電車好きにはなかなかのロケーション。
b0024261_13505493.jpg


新横浜が見えてきた。
b0024261_135222.jpg


これまた電車好きにはなかなかのロケーション。線路のドンツキ。
b0024261_13523458.jpg



などとのんびり走っていると、見覚えがある綱島の橋が見えてきた。
夕食の買い物をして帰宅。
35キロ、約4時間の旅だった。
ALPSLAB routeで地図を見た時にいやな予感はあったんだけど、あの高低差にはまいった。中原街道怖い。

kさん、知ってるかもしれないけど、ALPSLAB route便利だよ。高低差がわかるようになっているから
自転車乗りには人気があるらしい。
高低差グラフをマウスでドラッグしていくと、地図上のポイントが移動してどこに坂があるかがわかる。
おまけにところどころ写真もでるよん。
by grid303 | 2007-07-01 14:04 | Cycling | Comments(12)

品川宿

 いやね、たまには親の顔を拝んでおこうと思い立って、品川の宿まで出張ってみることに
したってえ話なんですがね。
ただ行っても面白くねえってんで、茶利でぶらっと行ってみることにしたんでげすよ。

いつものように多摩川を渡って中原道を江戸に向かうてえ寸法でね。ええ。
b0024261_13563891.jpg

それにしても水が透き通って川底が見えるなんて、綺麗になったもんだねぇ。
あっしらが小せえ時分には、石鹸の泡がたくさん浮いててもう汚ねえのなんのって。
水がだんだん透き通ってくるってえのははたから見てても嬉しいもんだねぇ。まったく。

b0024261_1442214.jpg

品川の宿にはお寺さんやお宮さんがいくつもあるってえ話なんで、こんな日は神様仏様に
手を合わせて功徳を積むのもいいんじゃねえかってね。
ちったあ利益があるんじゃねえかってんで、親のところによる前にいろいろ回ってみることにしたんでげすよ。

つづきを見る
by grid303 | 2007-06-17 14:13 | Cycling | Comments(4)


http://www.geocities.jp/grid303


by grid303

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

ニュースで見た! テレ..
by grid303 at 13:39
こないだ 池上線フリー乗..
by okusan at 10:49
秋の色だよねぇ。 メシ..
by grid303 at 10:43
いいですね 信州 空の..
by KねこまみれK at 09:17
いや、むしろ歌舞伎か?
by grid303 at 13:34
にゃあ
by KねこまみれK at 17:47

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
Drama
Sports
Foods
Music
Relax
Others
Works
Cycling
Motorcycle

ライフログ


SUMMER HOLIDAY


Tear-Drops Calendar


ひとかけらの夏


GOLDEN☆BEST 麻丘めぐみ


Havana Moon


トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション


マッハ Go Go Go ミュージックファイル Round-2


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)


Ring-a-Bell


Wish You Were Here


The Dark Side of the Moon


はらいそ


MOONLIGHT ISLAND


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ‾ベスト・ヒッツ・ライヴ デラックスエディション


Beatles for Sale


シャルメーヌ~ザ・ベリー・ベスト・オブ・マントヴァーニ


Bad Company


モンドダイヤ


ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック


GAME


First Message


ピュンピュン丸 コンプリートDVD


Getting Ready...


ぜんまいざむらいのうた


Start Over


Perfect Crime


1st flight(CCCD)


トラトラトラ!


次郎長放浪記


FOLK SONGS


キネマの天地


男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け


DREAM PRICE 1000 南沙織 17才


The Stranger


チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック


フランシス・レイ


ローズマリーDVD-BOX 1


LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)


アストロ球団 (第1巻)


全日本女子バレー フォトブック「球萌え。」


天国の階段 オリジナルサウンドトラック


サインはV 1ST SET


BRAND-NEW MOTOR WORKS


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX


North Wind

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東京

画像一覧